ブエルタ・ア・エスパーニャ(読み)ぶえるたあえすぱーにゃ(英語表記)Vuelta a España スペイン語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブエルタ・ア・エスパーニャ
ぶえるたあえすぱーにゃ
Vuelta a España スペイン語

毎年9月に行われる、スペインをほぼ一周するプロの自転車ロードレース競技大会。略称ブエルタ。ブエルタは一周で、ブエルタ・ア・エスパーニャは「スペイン一周」を意味する。グランツールと総称されるヨーロッパを代表する自転車プロロードレース三大大会の最終戦である。グランツールのなかでもっとも新しく、1935年に始まった。スペインのイベント会社、ウニプブリク社Unipublic主催。1994年までは、イタリアのジロ・デ・イタリア開催直前の4月に行われていたため、地元のスペイン選手主体の大会であった。その後、開催時期が調整されて9月開催となり、国際自転車競技連合Union Cycliste Internationale(UCI)の格付けでジロ・デ・イタリアと同じカテゴリーBに位置づけられたことから、国際試合として定着した。

 コースは全長3200キロメートル前後の公道で、21のステージを3週間あまりをかけて走る。通常、初日のチームタイムトライアルステージでレースが始まり、個人タイムトライアル、平地ステージ、山岳ステージが設定されている。山岳地の多いスペインの地形を生かしたコース設定が特徴であり、上り坂を得意とする選手にとって有利な設定となっている。

 ステージごとの成績で各賞が設けられており、各賞トップの記録を有しているものには色別のリーダージャージ(スペイン語で「マイヨ」)が与えられる。選手は翌日のレースでそれを身につけて走る。ブエルタ・ア・エスパーニャには以下の賞がある。(1)マイヨ・ロホmaillot rojo(赤) 個人総合時間賞。(2)プントスPuntos(緑) ポイント賞。(3)モンターニャMontaña(青の水玉模様) 山岳賞。(4)コンビナーダCombinada(白) コンビネーション(複合)賞ともよばれ、総合順位とポイント賞と山岳賞の順位の合計がもっともよい選手に与えられる、ブエルタ・ア・エスパーニャ独自の賞。平均的に好成績を残した選手が該当するため、通常は総合優勝者が獲得する場合が多い。このほか、ジャージはないが、チーム賞や敢闘賞などが設けられている。なお、2009年までジャージのデザインや色は、個人総合時間賞(当時は金色)以外は決められていなかった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブエルタ・ア・エスパーニャ
Vuelta a España

スペイン国内を一周する自転車の長距離ロードレース。ツール・ド・フランスジロ・デ・イタリアと並ぶ世界三大ロードレース (グランツール) の一つ。他の二つより歴史は浅く,第1回大会は 1935年に開催された。距離は約 3200km前後で,9月の約3週間にわたって行なわれる。総合優勝者にはマイヨ・オロとよばれる金色のシャツが与えられる。特色は複合賞 (コンビナーダ) 。総合,ポイント,山岳の三つの賞の順位を足した合計が最も少ない選手に与えられるもので,オールラウンドな能力が求められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android