コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッパータール ブッパータールWuppertal

5件 の用語解説(ブッパータールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッパータール
ブッパータール
Wuppertal

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ジュッセルドルフの東約 30km,ルール地方南部のブッパー川河谷にある。 11世紀頃にさかのぼるバルメン (1610都市権獲得) とエルバーフェルト (1808都市権獲得) の2つの都市が,1929年近隣町村を合併してバルメンエルバーフェルトとなり,30年ブッパータールと改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブッパータール(Wuppertal)

ドイツ北西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州の都市。繊維・化学工業が盛ん。1901年建造のモノレールで有名。ウッペルタル。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブッパータール

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の商工業都市。ルール工業地帯南部,ブッパー川に沿う。繊維関係のほか,金属・化学工業が行われる。ブッパー川上の懸垂式モノレールは今世紀初頭建設以来,主要交通機関となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブッパータール【Wuppertal】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。人口38万4000(1995)。1929年ブッパー川沿岸のエルバーフェルトElberfeld,バルメンBarmen両市と他3市が合併し,翌年現行市名となる。15世紀に,硬度の低いブッパー川の水を利用する亜麻糸漂白業がエルバーフェルトとバルメンに成立し,1527年漂白業者のツンフトが結成された。19世紀以降は繊維を基軸に金属,機械,化学,ゴム,製紙,食品等の多様な工業が行われ,ラインラント,ウェストファーレンの工業化を担う経営者,技術者も多数生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブッパータール
ぶっぱーたーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone