コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブナ林 ブナりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブナ林
ブナりん

日本の温帯の代表的な夏緑広葉樹林で,日本海型と太平洋型の2つの森林類型がある。古代から日本 (主に東日本) の山地自然林を形成してきた。縄文時代以来,人々はここに生育し,生息する自然の恵みによって生活を立て,日本文化の源泉である山住み文化をはぐくんできた。しかし第2次世界大戦後,より効率的な森林利用を目的として,成長の速いスギ,ヒノキなどの植林が進み,特に 1955~65年ごろの拡大人工造林で,急速にブナ自然林が伐採された。その後,これが山河荒廃,自然災害の発生などにつながることが認識され,また木材需要の減退とも相まって,しだいにブナ林保護の動きが見られるようになってきた。しかし,まだ十分な施策が取られないままに,地域開発などによってブナ林は減少を続けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブナ林の関連情報