コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林破壊 しんりんはかい forest destruction

2件 の用語解説(森林破壊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森林破壊
しんりんはかい
forest destruction

開発などによって森林が失われていく現象。森林破壊は乾燥地域では水不足と林地の砂漠化を引き起こし,降水量の多い地域では山崩れや洪水を頻発させる。また,先進国の工業活動による酸性雨も原因の一部とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

森林破壊

FAOによると、世界の森林面積は約39億haで、陸地の3割を占める。1990年から2000年までに、約9400万haの森林が消失した。地球上の生物の半分が生息し、生物種の宝庫といわれる熱帯林はその10年間に年平均1420万ha失われた。熱帯林減少の原因は、焼き畑農業による開墾や薪炭材としての伐採、輸出向けの伐採、プランテーションの造成など。地球サミット森林原則声明が採択。97年には国連持続可能な開発委員会(CSD)の下に森林に関する政府間フォーラム(IFF:Intergovernmental Forum on Forests)が設置されて森林保護の行動提案がまとまったが、規制策で合意できなかった。IFFの提案で00年10月、森林の持続可能な経営を進めるため国連に国連森林フォーラム(UNFF:United Nations Forum on Forests)が設置、法的枠組みの検討が進められている。

(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林破壊の関連キーワード民有林森林率森林計画面積現況森林面積林野面積森林組合加入者面積ロシアの森林火災道南杉県の森林整備とかながわ森林塾フィリピンの森林資源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森林破壊の関連情報