コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウネル Brauner, Victor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラウネル
Brauner, Victor

[生]1903.6.15. ピアトラニヤムツ
[没]1966.3.12. パリ
ルーマニア生れのフランスの画家。 1924年ブカレストで最初の個展を開き,詩人ボーロンカとともに雑誌『75HP』を刊行して,前衛芸術運動を展開。 30年パリへ行き,シュルレアリスム運動に参加。 43年ろう画とろうそくによるデッサンを制作。奇怪な魔術的イメージを特徴とする。

ブラウネル
Brownell, William Crary

[生]1851.8.30. ニューヨーク
[没]1928.7.22. マサチューセッツ,ウィリアムズタウン
アメリカの批評家。アマースト大学卒業後,『ニューヨーク・ワールド』紙,『ネーション』誌の編集に参加,1888年から生涯スクリブナーズ社の出版顧問をつとめた。 M.アーノルドの影響を受け,新ヒューマニズムの先駆をなす。主著『フランス的特質』 French Traits (1889) ,『フランスの芸術』 French Art (92) ,『ビクトリア朝の散文作家』 Victorian Prose Masters (1901) ,『アメリカの散文作家』 American Prose Masters (09) ,『批評』 Criticism (14) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブラウネルの関連キーワード日露戦争史(年表)ドビュッシーオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスマッキム・ミード&ホワイトロシア映画キュリーククルイニクスイ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android