コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリソ Jacques Pierre Brissot

2件 の用語解説(ブリソの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブリソ【Jacques Pierre Brissot】

1754‐93
フランスの政治家。シャルトル近くの小村に料理店主の子として生まれる。フランス革命前から文筆家として活動。1789年に新聞《フランスの愛国者》を発刊して人気を博し,91年には立法議会,92年には国民公会の議員に選出された。91年のシャン・ド・マルス事件では国王退位請願書の起草にあたり,91年末から92年初めにかけてオーストリアプロイセンに対する開戦論を展開し,フランスを戦争に突入させた。彼の立場は,自由主義経済を信奉する穏和な共和主義ブルジョアジーの利害を擁護することにあり,ロランなどとともに当時はブリソ派,のちにジロンド派と称された集団を構成し,共和運動を指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリソ
ぶりそ
Jacques-Pierre Brissot
(1754―1793)

フランスの文筆家、政治家。ジャーナリストとして活躍、筆禍で獄中生活ののち渡米(1788)。帰国後「黒人友の会」をつくって活動、1789年革命が起こると『パトリオット・フランセ』紙を創刊。左寄りの論調で名をあげ、1791年には立法議会に選出され、ジロンド派の指導者となる。外交委員会を牛耳(ぎゅうじ)って開戦を推進したが、戦局はかんばしくなく、国民公会ではモンターニュ派(山岳派)と対立してブルジョア的利益を守ろうとした。国王裁判やデュムーリエの裏切りで進退窮まり、1793年6月2日権力の座を追われた。亡命を企てたがムーランで捕らえられ、パリに連れ戻されて革命裁判を受け、10月に処刑された。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブリソの言及

【ジロンド派】より

…フランス革命中に立法議会の左翼,国民公会の右翼を占めた政治グループ。ブリソ,ベルニオー,イスナール,コンドルセ,ガデ,ジャンソネなどの議員や内務大臣ロランを主たる指導者とし,大港湾都市の銀行家や大商人の利益を代表するブルジョア共和派。革命当時はブリソ派とかロラン派といわれたが,ジロンド県出身の議員が多いことから19世紀になってジロンド派とよばれるようになった。…

※「ブリソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリソの関連キーワードコンスタンシャルダンシャルトルデュクロミッテランリシュリューシャルルドルレアンシャルル・ド・ゴールマンデスフランスシャトーブリアン・ステーキ

ブリソの関連情報