コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公会(読み)コウカイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐かい〔‐クワイ〕【公会】

公式の会議。議会。
「―上に於て両院の官員より議を建て策を献するに」〈村田文夫・西洋聞見録〉
一般に公開される会議。
重大な国際間の問題を議決するための会議。「ウィーン公会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公会の言及

【華僑】より

…これらは同郷・同族の互助親睦を図るのが目的で,共同墓地の管理,学校の経営をはじめとし,たいていそこには共通の神や祖先をまつっているので,例祭日には全員が集まって懇親会を行う。また公会と称するものがあり,もともと同業組合の事務所をさすが,華僑社会では本国における出身地と職業の種類とが一致することが多いので,会館と公会との機能は簡単に区別しにくい。このような本当の意味での地縁血縁団体が発展して大きくなるほかに,政治的な要求から小地域のものが省単位の連合体を作り,客家が集まって大規模な客属団体を作る。…

※「公会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公会の関連情報