ブリュッセル条約(読み)ブリュッセルじょうやく

  • Brussels Pact

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正式には「イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク間の経済的、社会的および文化的協力ならびに集団的自衛のための条約」と称し、1948年3月17日、ブリュッセルで署名された(同年8月25日発効)。集団的自衛権を基礎とする西欧共同防衛条約である。冷戦の激化はNATO(ナトー)の成立を促し(1949年8月24日発効)、さらに欧州防衛共同体を設置する条約の署名に連結した(1952年5月27日)。このような西欧防衛体制の整備により、ブリュッセル条約はその存在理由を失うかにみえた。しかし、1954年8月、フランスが欧州防衛共同体条約の批准を拒否し、欧州防衛の中核体は成立しなかった。この事態に対処すべく、ブリュッセル条約の蘇生(そせい)化が図られた。原加盟5か国のほか、西ドイツ(現ドイツ)とイタリアを加え、ヨーロッパの漸進的な一体化を図る西ヨーロッパ連合(西欧同盟)Western European Union, WEUが成立した(1954年10月23日署名、55年5月7日発効)。

[森脇庸太]

 WEUには1988年にスペイン、ポルトガル、92年にギリシアが加盟した。現在、WEUはEU(ヨーロッパ連合)の集団防衛機能を担当している形になっているが、EUへの完全統合を目ざしている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブリュッセル条約の言及

【ヨーロッパ共同体】より

…ヨーロッパにおける三つの超国家的な地域統合機構であるヨーロッパ経済共同体(EEC),ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC),およびユーラトム(ヨーロッパ原子力共同体EURATOM)の総称。ECと略称するが,1992年のマーストリヒト条約によって誕生したヨーロッパ連合(EU)の一部となった。3共同体の立法機関である理事会と執行機関である委員会が,1965年4月に調印された融合条約によって,単一のEC理事会(通称は閣僚理事会)と単一のEC委員会に統一されることになり,67年7月1日を機に3共同体は機構的に統一され,以後ヨーロッパ共同体と呼ばれることになった。…

※「ブリュッセル条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android