コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュッヒャー ブリュッヒャー Blücher, Gebhard Leberecht, Fürst Blücher von Wahlstatt

2件 の用語解説(ブリュッヒャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュッヒャー
ブリュッヒャー
Blücher, Gebhard Leberecht, Fürst Blücher von Wahlstatt

[生]1742.12.16. ロシュトック
[没]1819.9.12. シュライゼン,クリプロウィッツ
ドイツプロシアの軍人。 1793~94年の第1次対仏大同盟戦争に功を立て,94年下ライン軍団司令官。 1803年ミュンスター軍政長官,06年イェナの会戦に参加したが,ラトカウでフランス軍の捕虜となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリュッヒャー
ぶりゅっひゃー
Gebhard Leberecht, Frst Blcher von Wahlstatt
(1742―1819)

プロイセンの将軍。ロストック出身で最初スウェーデンに仕官したが七年戦争(1756~63)でプロイセンの捕虜となり、以後プロイセンの騎兵司令官となって頭角を現した。1807年ポンメルン軍政長官となり、プロイセン改革を支援したが、解放戦争を主張したためフランスの要求で罷免された。解放戦争が始まると、13年ロシア・プロイセン両軍からなるシュレージエン軍の司令官となってライプツィヒの戦いでフランス軍に勝利を収めた。さらに15年には、グナイゼナウの策によりリニの戦いで敗れたプロイセン軍を巧みに対仏連合軍に合流させて、ワーテルローの戦いの勝利に貢献した。迅速果敢な行動から「前進元帥」とよばれ、解放戦争の英雄とたたえられた。[岡崎勝世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュッヒャーの関連キーワードシュトラスブルクシュムシュ島アルペンシュトッククロップシュトックペシュトハシュトベヘシュト宮殿アッシュトンマヤリヤラタクトシュトック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリュッヒャーの関連情報