ブリュメール十八日(読み)ブリュメールじゅうはちにち(英語表記)dix-huit Brumaire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ブリュメール十八日」の解説

ブリュメール十八日
ブリュメールじゅうはちにち
dix-huit Brumaire

1799年 11月9日 (革命暦8年ブリュメール〈霧月〉18日) ,フランスナポレオン・ボナパルト (ナポレオン1世 ) が総裁政府を倒して独裁への道を固めたクーデターをさす。財政の困難な状況によって不人気となった総裁政府を目前にして,エジプト遠征からパリに帰還したナポレオンは,政治的変革をねらって E.シエイエス,C.タレーラン,J.フーシェの協力を得て元老会五百人会を粛正し,翌ブリュメール 19日執政政府を樹立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ブリュメール十八日」の解説

ブリュメール‐じゅうはちにち ‥ジフハチニチ【ブリュメール十八日】

(ブリュメールは Brumaire 霧月の) フランス革命暦八年霧月一八日(一七九九年一一月九日)。ナポレオンが総裁政府を倒し、統領政府をたてたクーデターの行なわれた日。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android