統領政府(読み)とうりょうせいふ

大辞林 第三版の解説

とうりょうせいふ【統領政府】

ブリュメール一八日のクーデターにより成立したフランスの政府(1799~1804)。強力な権力を握る三人の統領をおき、ナポレオンは第一統領から終身統領となる。第一帝政により廃止。執政政府。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

統領政府
とうりょうせいふ
Consulatフランス語

執政政府ともいう。フランスの総裁政府(1795~99)に次ぐ5年間の政府(1799~1804)。1799年11月9日(ブリュメール〈霧月〉18日)、ナポレオンを中心にクーデターが起こされ、反対議員を圧倒して、ナポレオン、シエイエス、デュコスPierre Roger Ducos(1774―1816)を統領とする臨時政府を形成した。臨時政府は同年12月に、共和暦8年の憲法により正式に承認された。政府の指導力は革命以来の老練なシエイエスにあるとみられたが、実権はたちまちナポレオンに握られ、軍事独裁機関の様相を帯びる。統領政府の基礎は、フランス革命の創出したブルジョア体制と自営農民層の活力に置かれた。政府では第一統領が行政、統帥、外交および宣戦、講和権を執行する。ナポレオンがこれにあたった。第二統領にはカンバセレスJean-Jacques Cambacrs(1753―1824)、第三統領にはルブランCharles-Franois Lebrun(1739―1824)が就任。任期はともに10年であった。立法部は元老院、立法院、参議院、法制審議院からなり、選挙は間接選挙で、最後に5000人が名士名簿に載せられ、そのなかから議員と官吏が選出される仕組みであった。1802年8月ナポレオンは終身統領に推され、2年後帝位について帝制を樹立する。[金澤 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とうりょう‐せいふ トウリャウ‥【統領政府】

フランス革命期、総裁政府が一七九九年ブリュメール一八日のクーデターで倒れてから、一八〇四年ナポレオンによる第一帝政樹立までのフランスの政体。執政政府。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android