コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

執政政府 しっせいせいふConsulat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

執政政府
しっせいせいふ
Consulat

1799年 11月,フランスにおいてブリュメール十八日クーデターにより総裁政府を倒したナポレオンボナパルト (ナポレオン1世 ) が樹立した政府。統領政府とも訳される。同年 12月,共和暦第八年憲法を制定。執政政府の立法機関は4院から成るが,政府を構成する3人の執政のなかで第一執政であるナポレオン以外は名目的な権限しかもたなかった。行政機構の中央集権化,司法制度の改革,公教育制度の確立,フランス銀行の創設 (1800) ,ローマ教皇との和解 (コンコルダ,01) ,『フランス人の民法典』 (07年以降『ナポレオン法典』と呼称) の完成 (04.3.) などがこの政府の主要な仕事であった。対外関係ではマレンゴでオーストリア軍を破り,ライン川左岸を得,1802年にはアミアンでイギリス,フランス間の平和条約を締結した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

執政政府【しっせいせいふ】

1799年ブリュメール18日のクーデタで総裁政府が倒れてから1804年ナポレオンが帝位につくまでのフランスの政体。立法機関は4院制で弱体,行政権は執政3人にゆだねられていたが,実権は第一執政ナポレオンの手中にあった。
→関連項目シエイエスフランス革命

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

執政政府
しっせいせいふ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

執政政府の関連キーワードセー(Jean Baptiste Say)フーシェ(Joseph Fouché)ルイ・ボナパルトのブリュメール18日デステュット・ド・トラシーフランス史(年表)ナポレオン[1世]ラ・ファイエットシエイェスタレーランフーシェマドラン第一帝政張作霖セー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android