ブリュメール18日(読み)ブリュメールじゅうはちにち

百科事典マイペディア「ブリュメール18日」の解説

ブリュメール18日【ブリュメールじゅうはちにち】

1799年11月9日(フランス革命暦ブリュメール18日),ナポレオン総裁政府を倒した軍事クーデタ。彼は執政政府を樹立,自ら第一執政となった。フランス革命はここに終わったとされる。
→関連項目エジプト遠征シエイエスフーシェ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ブリュメール18日」の解説

ブリュメールじゅうはちにち【ブリュメール18日 le 18 brumaire】

1799年11月9日,フランスでナポレオン・ボナパルトが総裁政府を倒して権力を掌握したクーデタをいう。その日が,当時行われていた共和暦では共和第8年ブリュメール18日に当たるので,この名がある。フランス革命は,1794年7月にテルミドール反動ロベスピエールが失脚してから退潮に向かい,95年の憲法で5人の総裁が行政権を担当する総裁政府が樹立されたが,この総裁政府は,左翼急進派右翼の王党派との脅威にさらされて動揺を重ねていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android