コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリル ブリルBrill, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリル
Brill, Paul

[生]1554. アントウェルペン
[没]1626.10.7. ローマ
イタリアで活躍したフランドルの風景画家。 1583年にバチカン宮殿フレスコ画『四季』などを制作途中で夭逝した兄マテウスの跡を継いで作品を完成した。初期の作風はマニエリスム風であるが,1600年以降は A.エルスハイマーの影響を受け,小品のイーゼル画も多く制作。作品は『漁夫』 (1624,ルーブル美術館) ,『川景色』 (プラド美術館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブリル【Paul Bril】

1554‐1626
フランドルの風景画家。Brillともつづる。アントウェルペン(アントワープ)に生まれ,1575年ごろローマに赴き,以後同地で活動。教皇庁で制作に携わっていた画家の兄マテイスMatthijs B.(1550‐83)の没後,シクストゥス5世やクレメンス8世からバチカンの装飾,またサンタマリア・マッジョーレ教会やカジノ・ロスピリオージでの風景画(フレスコ)の依頼をうける。彼はアンニベーレ・カラッチ風のイタリアの理想的・英雄的風景画に,ネーデルラントの詩情あふれた光の情趣を加え人気を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリルの関連キーワードリベイロ(Bernardim Ribeiro)ピカレスク小説悪漢小説江戸落語上方落語策伝大賞アルム広場安楽庵策伝オアフ島おもろさうし

ブリルの関連情報