ブリンガー

百科事典マイペディア「ブリンガー」の解説

ブリンガー

スイスの宗教改革者。人文学を修め,ルターらの論著に接してプロテスタント信仰に傾く。チューリヒに赴いてツウィングリとの交わりを深め,彼の没後あとを継いでチューリヒ教会を指導した。《説教集》,二つの《スイス信仰告白》などは,全ヨーロッパの改革派教会に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ブリンガー」の解説

ブリンガー【Johann Heinrich Bullinger】

1504‐75
スイスの宗教改革者。チューリヒに近いブレームガルテンに生まれ,ケルン聖書および教父の研究に従事し,ルターとメランヒトンの書から影響を受けた。1522年帰郷して教師となり,28年に説教者となる。31年ツウィングリ死後,その後任者としてチューリヒ教会の充実をはかった。教理を解説した《説教集》は代表的著作でオランダ,イギリスでも翻訳が読まれ感化が大きかった。穏健な理論と豊かな学識をもつ当代一流の神学者であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブリンガーの言及

【改革派教会】より

…これが改革派の源流である。ついでカルバンとブリンガーによって改革派の統合が行われ,主としてジュネーブが拠点となって1550年代にフランス,スコットランド,ネーデルラント(オランダ,ベルギー),ドイツ(1543年以来東フリースラント,1563年以来プファルツ選挙侯領),南ポーランド,ハンガリーに浸透した。12世紀のワルドの流れを汲む北イタリアのワルド派は1532年から改革派の一翼に加わっている。…

※「ブリンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android