コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルシーロフ Brusilov, Aleksei Alekseevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルシーロフ
Brusilov, Aleksei Alekseevich

[生]1853.8.31. トビリシ
[没]1926.3.17. モスクワ
ロシアの軍人,将軍。露土戦争に活躍。第1次世界大戦の当初は第8軍の司令官として,次いで 1916年春から第7,8,9,11軍の総司令官として,ガリシア方面で「ブルシーロフ反攻」を展開,ガリシア東部,ブコビナを制圧した。 17年の二月革命後,A.F.ケレンスキーのもとで軍最高司令官に就任。革命後も軍にとどまり,20年のポーランドとの戦争を指揮し,23~24年赤軍騎兵総監。 24年引退。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルシーロフ【Aleksei Alekseevich Brusilov】

1853‐1926
ロシアの将軍。第1次世界大戦では第8軍司令官,ついで南西部戦線軍司令官としてドイツ・オーストリア軍と対峙(たいじ)し,東ガリシア地方の大半を占領。1917年5月22日(新暦6月4日)にはロシア軍最高司令官に就任,総反攻を展開したが成功せず,これがケレンスキーの臨時政府を崩壊に導く一因となった。革命後は軍事人民委員のトロツキーにより赤軍顧問に迎えられ,旧将校を赤軍に参加させる説得工作で中心的な役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルシーロフ
ぶるしーろふ
Алексей Алексеевич Брусилов Aleksey Alekseevich Brusilov
(1853―1926)

帝政ロシアの将軍、革命後の赤軍顧問。ジョージア(グルジア)のチフリス(現、トビリシ)に将軍の子として生まれる。1872年より騎兵士官として勤務、1877~1878年のロシア・トルコ戦争に参加。第一次世界大戦で最初は第八軍で、1916~1917年には西南方面軍総司令官として活躍、1916年のオーストリア軍分断作戦の成功で名をはせた。二月革命後、臨時政府により最高総司令官に任命され、7月の夏期攻勢の失敗でコルニーロフと交替。十月革命後は引退し1920年5月、ソビエト・ポーランド戦争でポーランド軍がソビエト・ロシアに侵攻すると赤軍に入り、顧問的任務についた。[藤本和貴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブルシーロフの関連キーワードセルゲーエフ=ツェンスキーイリヤ セリビンスキーブルシロフ東部戦線ブコビナ