コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルジョア民主主義 ブルジョアみんしゅしゅぎ

3件 の用語解説(ブルジョア民主主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルジョア民主主義
ブルジョアみんしゅしゅぎ

労働者階級の全面的解放を目指すプロレタリア民主主義に対峙させて,資本主義社会における市民の政治的自由の保障を根幹とした民主的思潮と運動を概括的に表現したもの。こうした理解からすると近代市民革命は,ブルジョアジー封建制度の桎梏を打破するためのブルジョア革命であることが強調され,それを経て具体化された政治諸制度の形式性が主張される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブルジョア民主主義【ブルジョアみんしゅしゅぎ】

ブルジョア革命がめざした民主主義は,結局ブルジョアジーの立場からの民主主義にすぎないという,主として社会主義の側からの規定。ブルジョア革命が労働者階級の参政権を認めず,私有財産権の不可侵を基本とし,政治的自由権のみを重視して経済的平等を無視していることなどに対する批判をこめて用いられる。
→関連項目32年テーゼ市民革命シュミット新民主主義27年テーゼ民主主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ブルジョアみんしゅしゅぎ【ブルジョア民主主義】

自由競争と私有財産制を基礎にした民主主義。ブルジョア革命によって成立した民主主義はブルジョアジーの階級支配の道具となっているとして、マルクス主義者が批判的に用いる語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルジョア民主主義の関連キーワードプロレタリアプロレタリア演劇プロレタリアート労働者階級プロレタリア映画プロレタリア音楽プロレタリア教育運動《イギリスにおける労働者階級の衛生状態》《イギリスにおける労働者階級の状態》ペテルブルグ労働者階級解放闘争同盟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone