ブルトゥス

百科事典マイペディアの解説

ブルトゥス

古代ローマの政治家。英語読みではブルータス。名門の出。小カトーの甥(おい)。共和制理念の護持者で,カエサルのもとで諸官職を歴任したが,前44年カエサル暗殺の首謀者となった。のち東方にのがれたが,フィリッピの戦アントニウス=オクタウィアヌス連合軍に敗れ,自殺。
→関連項目アントニウスフィリッピ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルトゥス【Marcus Iunius Brutus】

前85‐前42
共和政末期ローマの政治家。英語読みではブルータス。カエサル暗殺の首謀者。名門の出。小カトーの甥。ストア哲学の信奉者で,共和政理念の保持者として知られる。前58年から前56年にかけて小カトーのもとキプロスで活躍し,前53年には財務官としてキリキアに赴任した。内乱ではポンペイウスについてカエサルに相対したが,ファルサロスの戦の後許され,のちカエサルのもとで諸官職を歴任した(前46年,ガリア・キサルピナの長官。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブルトゥスの言及

【カエサル】より

…また前45年1月1日から太陽暦(ユリウス暦)を採用している。しかし,権力・栄誉を一身に集中したため,共和政護持派のブルトゥス,カッシウスらに前44年3月15日,元老院議場で暗殺された。 雄弁家・文人としても第一級の人物であったが,演説の草稿,書簡,パンフレットは散逸し,現存するのは,簡潔な文体,的確な現実把握の点でラテン文学の傑作といわれる《ガリア戦記》《内乱記》のみである。…

【カッシウス】より

…内乱ではポンペイウス派に属した。赦免され,前44年プラエトル在職中ブルトゥスらとカエサル暗殺を組織した。決行後シリア方面に逃れて軍備を整え,ブルトゥスと合流してマケドニアのフィリッピでアントニウス=オクタウィアヌス軍と会戦(前42)し敗死。…

※「ブルトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android