ブロア(Léon Bloy)(読み)ぶろあ(英語表記)Léon Bloy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロア(Léon Bloy)
ぶろあ
Léon Bloy
(1846―1917)

フランスの作家。ペリグーに生まれる。作家バルベー・ドールビイBarbey d'Aurevilly(1808―89)の感化でカトリックに改宗。パリの街娼(がいしょう)との神秘的な共棲(きょうせい)生活を縦糸とし、聖書の秘教的解釈を軸とする歴史観を基底に、同時代の教会と文壇を痛罵(つうば)した小説『絶望した男』Le Désespéré(1886)は、カトリック復興の起爆剤となった。彼の歴史観の主題はキリストの受難を原点とする苦悩であり、この主題は第二の自伝的小説『貧しい女』(1897)のなかで、苦悩の可換性というカトリック的秘義の一変奏として深化され、評論『ユダヤ人による救い』(1892)、『貧者の血』(1909)などのなかでも敷衍(ふえん)されている。ほかに『常套句(じょうとうく)釈義』Exégèse des lieux communs(1902)をはじめとする数多くの評論、怪異談的短編集『血の汗』(1893)、『恩知らずの乞食(こじき)』Le Mendiant ingrat(1898)を含む表題付きの日記八冊など。孤高の作家だったが、直接にはジャック・マリタン夫妻や画家ルオーに、間接にはベルナノスやジュリアン・グリーンの作品に深い影響を与えている。

[渡辺義愛]

『田辺貞之助訳『絶望者』(1984・図書刊行会)』『水波純子訳『貧しき女』(1982・中央出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例