コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロンネン ブロンネンBronnen, Arnolt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロンネン
Bronnen, Arnolt

[生]1895.8.19. ウィーン
[没]1959.10.12. 東ベルリン
オーストリアの劇作家,小説家。表現主義の作風から,次第に B.ブレヒトの影響を受けてリアリズムに移行,第2次世界大戦後は東ドイツで社会主義的な作品を書いた。代表作,戯曲『父親殺し』 Vatermord (1920) ,『イソップ物語』 Aisopos (56) 。著書『ブレヒトとの日々』 Tage mit B. Brecht (60) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロンネン
ぶろんねん
Arnolt Bronnen
(1895―1959)

ドイツの劇作家、小説家。本名はアルノルト・ブロンナーArnolt Bronner。ブレヒトとの親交のなかで、『父親殺し』(1920、初演1922)、『青春の誕生』(1922)など、若い世代の反逆を描いた典型的な表現主義戯曲を発表し、不安な世情のなかで大きな反響をよんだ。1920年代後半は、放送という新しいメディアに携わるとともに、ナチズムに接近、入党した。ナチス時代にも、ラジオとテレビの分野で指導的な役割を果たしたが、30年代末から反ナチに転じ、執筆禁止ののち郷里のオーストリアで地下抵抗運動に身を投じた。敗戦後は東ドイツに移り、波瀾(はらん)に満ちた生涯を自伝『ブロンネンの調書』(1954)に再現した。[池田浩士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブロンネンの関連キーワード8月19日池田浩士

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android