コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロンネン ブロンネン Bronnen, Arnolt

2件 の用語解説(ブロンネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロンネン
ブロンネン
Bronnen, Arnolt

[生]1895.8.19. ウィーン
[没]1959.10.12. 東ベルリン
オーストリアの劇作家,小説家。表現主義の作風から,次第に B.ブレヒトの影響を受けてリアリズムに移行,第2次世界大戦後は東ドイツ社会主義的な作品を書いた。代表作,戯曲『父親殺し』 Vatermord (1920) ,『イソップ物語』 Aisopos (56) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロンネン
ぶろんねん
Arnolt Bronnen
(1895―1959)

ドイツの劇作家、小説家。本名はアルノルト・ブロンナーArnolt Bronner。ブレヒトとの親交のなかで、『父親殺し』(1920、初演1922)、『青春の誕生』(1922)など、若い世代の反逆を描いた典型的な表現主義戯曲を発表し、不安な世情のなかで大きな反響をよんだ。1920年代後半は、放送という新しいメディアに携わるとともに、ナチズムに接近、入党した。ナチス時代にも、ラジオテレビの分野で指導的な役割を果たしたが、30年代末から反ナチに転じ、執筆禁止ののち郷里のオーストリアで地下抵抗運動に身を投じた。敗戦後は東ドイツに移り、波瀾(はらん)に満ちた生涯を自伝『ブロンネンの調書』(1954)に再現した。[池田浩士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロンネンの関連キーワードウィーン学派ウィーン古典派ウィーンの公式ウィーンの森ウィーン宮廷楽団ウィーン・シティマラソンウィーン八重奏団ハロウィーンの死体ハロウィーン・パーティウィーンフィル舞踏会

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone