コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プエルトプリンセサ Puerto Princesa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プエルトプリンセサ
Puerto Princesa

フィリピン南西部,パラワン島中部東岸にある港町パラワン州州都。フィリピン領時代には流刑地であったが,ルソン島ビサヤ諸島からの入植が進み,島の中心地となっている。大規模漁業が行われ,コプラ,木材,籐などを船積みする。製材所がある。付近にクロム鉄鉱鉱山があり,北方のタグブロスでは水銀が採掘される。人口9万 2000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プエルト‐プリンセサ(Puerto Princesa)

フィリピン南西部、パラワン島東岸中央の都市。パラワン州の州都。スールー海側のホンダ湾に面し、天然の良港をもつ。海岸保養地として知られるエルニドカラミアン諸島への玄関口。近郊に世界最長の地下河川で知られ、1999年に世界遺産(自然遺産)に登録されたプエルトプリンセサ地下河川国立公園がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

プエルトプリンセサの関連キーワードトゥバタハ岩礁自然公園パンダン島サバン

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プエルトプリンセサの関連情報