コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プナカ プナカ Punakha

4件 の用語解説(プナカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プナカ
プナカ
Punakha

ブータンの古都。ブータン西部,首都ティンプーの北東約 26km,モ川とポ川の合流点に開けた河谷平野にある。標高約 1000mで比較的温暖であり,水田が広がり,ミカンマンゴーが実る。ブータン最初の最高位僧であり,俗界にも力をもったシャプドゥン・リンポチェの建てた由緒あるゾン (城塞) を中心とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プナカ(Punakha)

ブータン西部、プナカ県の都市。標高が約1400メートルと低く、気温が高い。17世紀前半、建国の父と称されるシャプトゥン(ガワン=ナムゲル)がプナカゾンという城を建造。1955年にティンプーが通年の首都になるまでの約300年あまり、冬の首都が置かれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プナカ

ブータンの旧首都。同国西部,ヒマラヤ山脈南麓,マチュー川河岸の要塞都市。1577年創建。仏教寺院が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プナカ
ぷなか
Punakha

ブータンの旧首都。西ブータンの谷間に広がる盆地に位置する。標高が1400メートルと低いため、気温が高く、亜熱帯植物が自生する。人口2万1000(2002推計)。1637年、高僧ガワン・ナムゲルがポ・チュー川とモ・チュー川の合流点に壮大なプナカ・ゾン(城)を建て、以来プナカはブータンの宗教および政治の中心地であった。現在でもチベット仏教ラマ教)の最高僧は夏は首都ティンプーに、冬はプナカに滞在する。水田が広がる静かな秘境の町である。[西岡京治・西岡里子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プナカの関連キーワードティンプーブータンウエスタンブーツイノブータン大王イノブータンランド・すさみキララ王妃スタンブール特急チョモ・ラーリ[山]シッキム・ブータン・ヒマラヤブータン戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プナカの関連情報