コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフェッファー プフェッファー Pfeffer, Wilhelm Friedrich Philipp

3件 の用語解説(プフェッファーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフェッファー
プフェッファー
Pfeffer, Wilhelm Friedrich Philipp

[生]1845.3.9. グレーベンシュタイン
[没]1920.1.31. ライプチヒ
ドイツの植物学者。ゲッティンゲン大学に学び,1865年学位取得。 J.ザックスに師事。ボン (1873) ,バーゼル (77) ,テュービンゲン (78) 各大学の教授。 77年より終生ライプチヒ大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プフェッファー【Wilhelm Pfeffer】

1845~1920) ドイツの植物学者。初めて浸透圧を測定、それが温度に比例することを発見した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフェッファー
ぷふぇっふぁー
Wilhelm Friedrich Philipp Pfeffer
(1845―1920)

ドイツの植物学者。生家は曽祖父(そうそふ)の代から薬局を経営していた。徒弟生活ののち、薬剤師の資格取得のためゲッティンゲン、マールブルク両大学で植物学・化学・薬学を学ぶ。しだいに植物学研究を志すようになり、プリングスハイムNathanael Pringsheim(1823―1894)やザックスに師事した。マールブルク大学私講師(1871)、ボン大学(1873)、バーゼル大学(1877)、チュービンゲン大学(1878)、ライプツィヒ大学(1887)の教授を歴任。蘚(せん)類の分布の研究に始まり、進化学・発生学にも関心を向けたが、のち植物生理学に転じ、呼吸と光合成、タンパク質代謝、走化性、睡眠運動、浸透作用など多方面の研究を行った。とくに浸透作用に関しては、素焼円筒を用いて人工半透膜をつくり、温度・溶質濃度と浸透圧の関係を定量的に研究し(1877)、浸透圧理論の基礎を築いた。日本からは三好学(みよしまなぶ)、柴田桂太(しばたけいた)らがプフェッファーのもとに学んだ。[檜木田辰彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プフェッファーの関連キーワードシュバーベンレーベンレーベンブルク城グレープスカッシュザ・グレートシュワシュワグレープリグレーレーベンスミルク はいはいレーベンブロイアルコールフリーゼーベン岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プフェッファーの関連情報