コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好学 みよしまなぶ

6件 の用語解説(三好学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三好学
みよしまなぶ

[生]文久1(1861).12.5. 岐阜
[没]1939.5.11. 東京
植物学者。東京帝国大学植物学科卒業 (1889) 。ドイツに留学し (91) ,帰国後,東京帝国大学教授となり (95) ,植物学を教え,植物生理学,生態学に造詣が深かった。 1920年帝国学士院会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みよし‐まなぶ【三好学】

[1862~1939]植物学者。岐阜の生まれ。東大教授。ドイツに留学後、植物生理学・生態学を紹介。また、天然記念物の保護に尽力した。著「植物生態学」「日本植物景観」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三好学【みよしまなぶ】

植物生理学者,植物生態学者。岐阜の生れ。東大植物学科を卒業。ライプチヒ大学で学び,帰国後東大教授。近代的な植物生理学・生態学を紹介した。天然記念物保護にも尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好学 みよし-まなぶ

1862*-1939 明治-昭和時代前期の植物学者。
文久元年12月5日生まれ。ドイツに留学。明治28年帝国大学教授となり,植物生理学,植物生態学をわが国に導入。「生態学」の訳語をつくり,自然保護を説いて天然記念物保存法の成立につくした。昭和14年5月11日死去。79歳。江戸出身。帝国大学卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みよしまなぶ【三好学】

1862~1939) 植物学者。岐阜の人。帝国大学理科大学卒。ヨーロッパの近代的な植物生理学・植物生態学を紹介。また、天然記念物保護法の設置に尽力。著「日本植物景観」「植物生態学」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好学
みよしまなぶ
(1862―1939)

植物学者。美濃(みの)国(岐阜県)岩村藩に生まれる。1889年(明治22)帝国大学理科大学植物学科を特待生として卒業、大学院に進み、地衣類の解剖を研究。1891年から3年間ドイツに留学、ライプツィヒ大学でプフェッファーに学び、花粉管と菌糸の屈化性を研究、1895年ジャワ島視察を経て帰国し、生理学担当教授となる。このとき近代的植物生理学、生態学を移入した。その関心は地衣類・セキショウ属の組織学的研究、硫黄(いおう)細菌、鉄細菌、樹木の根圧、植物の病理、サクラ・ハナショウブの博物学から古典の研究などきわめて広範囲にわたり、植物学の普及教育、天然記念物の保護事業などへの貢献も大きい。帝国学士院会員(1920)。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三好学の言及

【記念物】より

…現在の用法になるのは,1950年制定の現行文化財保護法からである。明治30年代ごろからこの種の土地に密着した文化財の保護の必要性が叫ばれるようになるが,植物学者三好学は留学先のドイツで知ったNaturdenkmalの保護の状況を紹介・移植に努力し,その訳語に〈天然紀念物〉をあてた。〈記念物〉の語はその後monumentの訳語にも使用され,普及する。…

【庚申山】より

…東に庚申渓谷がある。亜高山帯の植生でシャクナゲやレンゲツツジが多いが,とくに明治中ごろ三好学により発見されたコウシンソウ(ムシトリスミレ)の自生地があり,特別天然記念物となっている。山頂の南に勝道上人により1200年前に開山されたという庚申神社があり,古くからお山回りと称する信仰登山が行われていた。…

【サクラ(桜)】より

…――これら明白な事実も,永い間,日本人には隠蔽されていた。〈さくら博士〉として有名な三好学(1861‐1939)が大正デモクラシー期に刊行した《人生植物学》(1918)には,〈昔は支那には桜は無いやうに思ったが,今日では多数の桜が西部幷(ならび)に西南部の山中で発見された〉〈印度にはヒマラヤ桜(Prunus Puddum)と云ふ美しい種類があって,ヒマラヤの中腹に生えて居る。日本の紅山桜に似て,花が赤く,且(かつ)萼(がく)が粘(ねば)る〉とある。…

【生態学】より


[概念の成立]
 そもそも生態ということばはそれ自体が生態学ということばと同時に造られたもののように思われる。生態学ということばは1895年に東京大学理科大学教授三好学(1861‐1939)によって造られた。その年ドイツ留学から帰って教授に任じられたばかりの三好は,当時のヨーロッパの植物学を紹介する小冊子を著し,その中で植物学には植物生理学,植物形態学,植物分類学,植物生態学の4区分があるとし,Pflanzenbiologieの訳語として植物生態学なることばを造ったと記した。…

【天然記念物】より

…この考え方の中には,個々の標本的種類だけでなく,総合されたバイオームや景観をも天然記念物とみなすことが可能であるというニュアンスが含まれているが,このことは現在の天然記念物の考え方とよく整合している。 西欧に端を発した天然記念物の保護思想を日本に紹介し,はじめて〈天然記念物〉の語を用いたのは東京帝国大学教授三好学である(1906)。さらに三好は1926年5月発行の〈天然記念物解説〉の中で,〈……自然界の毀損は日に日に起っている。…

※「三好学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

三好学の関連キーワード炭酸塩岩脈文久ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延桂文治(5世)イタリア史カナダ文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三好学の関連情報