コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランクの放射式 プランクのほうしゃしきPlanck's formula of radiation

1件 の用語解説(プランクの放射式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プランクの放射式
プランクのほうしゃしき
Planck's formula of radiation

温度 T の黒体放射のエネルギースペクトル u(ν,T) に対して,1900年に M.プランクが導いた関係式をいう。ただし ν は熱放射の振動数である。プランクはウィーンの放射式の修正を試み,すべての振動数領域に対して実験値とよく一致する次のプランクの放射式 (プランクの公式ともいう) を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のプランクの放射式の言及

【統計力学】より

…この放射式は高振動数側ν→∞では実験とあうから,U→0で∂2S/∂U2=-(aνU)-1はよいが,低振動数側ν→0では測定値と40~50%の食違いを生じ,むしろU→∞で∂2S/∂U2∝-U-2となることが判明した。プランクは(∂2S/∂U2)-1Uの二次式で内挿し,∂S/∂U=1/Tからプランクの放射式を得た。実験とよくあったが,問題はそれを与えるエントロピーの形を一義的に与える基礎である。…

※「プランクの放射式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone