コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリュームテクトニクス プリュームテクトニクス plume tectonics

3件 の用語解説(プリュームテクトニクスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プリューム‐テクトニクス(plume tectonics)

プルームテクトニクス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プリュームテクトニクス

地球のマントル中に起こる熱伝導収支による大規模な対流をプリュームといい,このプリュームの対流がもとでプレートテクトニクスなどの地殻変動が起こるという学説をプリュームテクトニクスという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリュームテクトニクス
ぷりゅーむてくとにくす
plume tectonics

地球のテクトニクス(大規模な変動)は、マントル内の大規模な対流運動、すなわち、プリュームとよばれる上昇流と下降流によって支配されるとする新理論。1992年ころから深尾良夫(東大地震研)、丸山茂徳(東京工大)らが提唱している。最近、医学におけるX線CTに似た地震波トモグラフィにより、マントル内の詳細な地震波速度構造の解析が行われ、地域によって速度の異常なところがあることがわかってきた。とくに400キロメートルより深いマントルの地震波速度構造はマントルの温度構造に対応し、地震波速度が遅い部分は高温、速い部分は低温を示す。前者ではホットプリュームとしてマントル下部から上昇し、後者ではコールドプリュームとして下降している。地震波速度構造解析の結果、南太平洋およびアフリカの下には巨大な上昇流、アジアの下には巨大な下降流の存在が推定されている。地球の大局的な物質対流の様式は、これら巨大なプリュームに規制されている。かつての超大陸は上昇する巨大なホットプリュームにより分裂、移動し、下降する巨大なコールドプリュームはそれらを引き寄せ、衝突・合体させる。この理論は、プレートテクトニクスが地球表層のテクトニクスに限られるのに対し、地球全体の動きをとらえ、超大陸の形成・分裂や生物大絶滅の原因なども明らかにしようとするものである。[長宗留男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリュームテクトニクスの関連キーワード熱伝達熱伝導熱伝導度熱伝導率マントルマントル対流マントル対流説始原的マントル砕屑性マントルビオの法則(熱伝導)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone