コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルジェバリスキー プルジェバリスキー Nikolay Mikhaylovich Przheval'skiy

2件 の用語解説(プルジェバリスキーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プルジェバリスキー(Nikolay Mikhaylovich Przheval'skiy)

[1839~1888]ロシアの軍人・探検家・地理学者。ウスリーや中央アジアなどを探検し、動植物資料をも収集。ジュンガルモウコノウマを発見。著「ウスリー紀行」など。プシバルスキー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プルジェバリスキー
ぷるじぇばりすきー
Николай Михайлович Пржевальский Nikolay Mihaylovich Przheval'skiy
(1839―1888)

中央アジアを探検した帝政ロシアの将校。1867~69年のウスリー川探検を手始めに、70~85年の間に4回にわたって、モンゴルチベット東トルキスタンを探検旅行し、88年、5回目の探検準備中にイシク・クリ湖畔で死亡した。当時まだ世界地図のうえで空白であったアジア内奥部は、彼の探検によってその多くが埋められた。また同時に多数の動植物標本を採集して新種を発表した。なかでも彼がジュンガリアで発見した野生のモウコノウマは、プルジェバリスキーウマ(プシバルスキーウマ)の名で知られている。彼の探検は後進のコズロフやスウェン・ヘディンに大きな影響を与えた。一方、イギリスは、彼が執拗(しつよう)にラサを目ざしたことに神経をとがらせ、対抗上ヤングハズバンドをチベットに派遣している。主著に『ウスリー紀行』『ロブノール紀行』『キャフタから黄河源流へ』などがある。[林 俊雄]
『加藤九祚他訳『黄河源流からロブ湖へ』(1967・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルジェバリスキーの関連キーワードアレクセーエフコズロフステッセルリューリクロシア正教会小ロシアラックスマンロシアトルコ戦争オロシャ労農ロシア

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone