コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルジェバリスキー Nikolay Mikhaylovich Przheval'skiy

デジタル大辞泉の解説

プルジェバリスキー(Nikolay Mikhaylovich Przheval'skiy)

[1839~1888]ロシアの軍人・探検家・地理学者。ウスリーや中央アジアなどを探検し、動植物資料をも収集。ジュンガルでモウコノウマを発見。著「ウスリー紀行」など。プシバルスキー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プルジェバリスキー
ぷるじぇばりすきー
Николай Михайлович Пржевальский Nikolay Mihaylovich Przheval'skiy
(1839―1888)

中央アジアを探検した帝政ロシアの将校。1867~69年のウスリー川探検を手始めに、70~85年の間に4回にわたって、モンゴル、チベット、東トルキスタンを探検旅行し、88年、5回目の探検準備中にイシク・クリ湖畔で死亡した。当時まだ世界地図のうえで空白であったアジア内奥部は、彼の探検によってその多くが埋められた。また同時に多数の動植物標本を採集して新種を発表した。なかでも彼がジュンガリアで発見した野生のモウコノウマは、プルジェバリスキーウマ(プシバルスキーウマ)の名で知られている。彼の探検は後進のコズロフやスウェン・ヘディンに大きな影響を与えた。一方、イギリスは、彼が執拗(しつよう)にラサを目ざしたことに神経をとがらせ、対抗上ヤングハズバンドをチベットに派遣している。主著に『ウスリー紀行』『ロブノール紀行』『キャフタから黄河源流へ』などがある。[林 俊雄]
『加藤九祚他訳『黄河源流からロブ湖へ』(1967・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プルジェバリスキーの関連キーワードプルジェヴァリスキー中央アジア美術ロプノール蒙古野馬カラコル崑崙山脈

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android