コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロコピウス

世界大百科事典 第2版の解説

プロコピウス【Procopius】

326‐366
ローマ帝国の簒奪帝。在位365‐366年。キリキア出身でユリアヌス帝のおそらく母方の血縁者。同帝のペルシア戦役の際に軍司令官となる。同帝死後は一時カッパドキアに隠遁したのちコンスタンティノープルに潜んでいたが,新帝ウァレンスの不在の間に元老院議員,宮廷役人や軍隊の一部を味方につけ,365年9月同市の競馬場において皇帝と宣せられた。ゴートからの支援部隊も得てトラキアビテュニアで勝利を収めたが,自軍の将軍の裏切りにあい,366年5月フリュギアの都市ナコレイア付近でウァレンス帝に敗れ,処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロコピウス
ぷろこぴうす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プロコピウスの関連キーワードトジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂ユスティニアヌス[1世]トジェビーチザカリアス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android