コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロコピウス

3件 の用語解説(プロコピウスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プロコピウス

6世紀のビザンティン帝国の歴史家。ギリシアプロコピオスパレスティナ生れ。527年ベリサリオスの補佐官となり,そのペルシア,アフリカイタリアの征戦を記した《戦史》,皇帝ユスティニアヌス時代の裏面史たる《秘史》などを著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プロコピウス【Procopius】

326‐366
ローマ帝国の簒奪帝。在位365‐366年。キリキア出身でユリアヌス帝のおそらく母方の血縁者。同帝のペルシア戦役の際に軍司令官となる。同帝死後は一時カッパドキアに隠遁したのちコンスタンティノープルに潜んでいたが,新帝ウァレンスの不在の間に元老院議員,宮廷役人や軍隊の一部を味方につけ,365年9月同市の競馬場において皇帝と宣せられた。ゴートからの支援部隊も得てトラキアビテュニアで勝利を収めたが,自軍の将軍の裏切りにあい,366年5月フリュギアの都市ナコレイア付近でウァレンス帝に敗れ,処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロコピウス
ぷろこぴうす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロコピウスの関連キーワードアルカディウス大秦西ローマ帝国東ローマ帝国ローマンテオドシウスパックスロマーナユスティニアヌス古代ローマ帝国中世ローマ帝国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone