コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイアウ heiau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイアウ
heiau

ハワイ諸島において見出される宗教関係の建造物遺跡の一般名称。石積みによる基壇などが残存することによって判明するが,その形態,寸法はさまざまで,囲壁をめぐらすもの,囲壁の一方が開いたもの,階段状に基壇を重ねるものなどが種々の組合せで造られ,平面形も方形,長方形のほか,円形のもの,自然地形を利用したものなどがある。構築も1度でなく,何度にもわたって増築,変形を行うことも多い。村落のなかではなく,やや離れて造られることが多く,その目的も単一とは考えられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイアウ【heia’u】

ハワイの宗教遺跡。その形態は実に多様で,地域的にはある程度の類似性が認められるが,今もって型式分類ができていない。その原因は,構築の責任者である僧侶が多くのヘイアウを参考にしたうえで,新しい設計をしたことによるらしい。ハワイ島マウナ・ケア山頂にある敷石に立石を配した小型のもの,石壇上に石像を並べたネッカー島のものなどは早期の型式を示し,後期になるにしたがい規模が大きくなる。長方形で周壁をもつもの,周壁のないもの,段丘上に造られたものなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヘイアウの関連キーワードプウコホラヘイアウ国立歴史公園ホロホロクヘイアウサウスコハラカワイハエ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android