コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘストン ヘストン Heston, Charlton

3件 の用語解説(ヘストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘストン
ヘストン
Heston, Charlton

[生]1924.10.4. イリノイ,エバンストン
[没]2008.4.5. カリフォルニアビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の俳優。本名 John Charlton Carter。彫りの深い容貌と迫力ある声を武器に,歴史上の人物や名作文学の登場人物を数多く演じた。高校在学中に演劇に親しみ,奨学金を得てノースウェスタン大学に進学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘストン

アメリカの映画俳優。本名ジョンチャールズカーターイリノイ州生れ。ノースウェスタン大学卒業。1950年に映画デビュー。精悍な風貌と肉体美を誇り,数多くの作品で活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘストン
へすとん
Charlton Heston
(1924―2008)

アメリカの俳優。イリノイ州エバンストンに生まれる。大学卒業後、空軍に入隊。除隊後キャサリンコーネル劇団に参加。1950年映画界入り。がっちりした体格と風貌(ふうぼう)から史劇への出演が多く、『ベン・ハー』(1959)でアカデミー主演男優賞を受賞。代表作に『地上最大のショウ』(1952)、『十戒』(1957)、『大いなる西部』(1958)、『華麗なる激情』(1965)、『猿の惑星』(1968)、『ソイレント・グリーン』(1973)など。1998年、全米ライフル協会(NRA)会長就任(2003辞任)。[畑 暉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘストンの関連キーワードオルソンイリノイ冠の板篠入りの合方瓦礫の下の医療森のいぶきイリノイ[州]イリノイ・セントラル鉄道イリノイ・ミシガン運河マン対イリノイ州事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘストンの関連情報