コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘストン ヘストンHeston, Charlton

3件 の用語解説(ヘストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘストン
ヘストン
Heston, Charlton

[生]1924.10.4. イリノイ,エバンストン
[没]2008.4.5. カリフォルニアビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の俳優。本名 John Charlton Carter。彫りの深い容貌と迫力ある声を武器に,歴史上の人物や名作文学の登場人物を数多く演じた。高校在学中に演劇に親しみ,奨学金を得てノースウェスタン大学に進学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘストン

アメリカの映画俳優。本名ジョンチャールズカーターイリノイ州生れ。ノースウェスタン大学卒業。1950年に映画デビュー。精悍な風貌と肉体美を誇り,数多くの作品で活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘストン
へすとん
Charlton Heston
(1924―2008)

アメリカの俳優。イリノイ州エバンストンに生まれる。大学卒業後、空軍に入隊。除隊後キャサリンコーネル劇団に参加。1950年映画界入り。がっちりした体格と風貌(ふうぼう)から史劇への出演が多く、『ベン・ハー』(1959)でアカデミー主演男優賞を受賞。代表作に『地上最大のショウ』(1952)、『十戒』(1957)、『大いなる西部』(1958)、『華麗なる激情』(1965)、『猿の惑星』(1968)、『ソイレント・グリーン』(1973)など。1998年、全米ライフル協会(NRA)会長就任(2003辞任)。[畑 暉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘストンの関連キーワード高校野球父を売る子フランス映画甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアル金大中オリンピックギュムリコフカサンクト・ペテルブルク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘストンの関連情報