コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘストン ヘストンHeston, Charlton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘストン
Heston, Charlton

[生]1924.10.4. イリノイ,エバンストン
[没]2008.4.5. カリフォルニア,ビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の俳優。本名 John Charlton Carter。彫りの深い容貌と迫力ある声を武器に,歴史上の人物や名作文学の登場人物を数多く演じた。高校在学中に演劇に親しみ,奨学金を得てノースウェスタン大学に進学。1946年ニューヨークに移り住み,翌 1947年ブロードウェーで初舞台を踏んだ。ハリウッドデビュー作『虐殺の街』Dark City(1950)を見たセシル・B.デミル監督に見込まれ,『地上最大のショウ』The Greatest Show on Earth(1952)でサーカスの団長役に抜擢。デミル監督の『十戒』The Ten Commandments(1956)で演じた預言者モーセ役は最大のあたり役となった。大スターの地位を確立し,名監督たちの作品に続々と出演。ウィリアム・ワイラー監督の『ベン・ハー』Ben-Hur(1959)はアカデミー賞 11部門を制し,ヘストンは主演男優賞に輝いた。『アントニーとクレオパトラ』Antony and Cleopatra(1973)では監督も手がけている。映画俳優組合委員長(1966~71),全米ライフル協会会長(1998~2003)などを務めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘストン

アメリカの映画俳優。本名ジョン・チャールズ・カーター。イリノイ州生れ。ノースウェスタン大学卒業。1950年に映画デビュー。精悍な風貌肉体美を誇り,数多くの作品で活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘストン
へすとん
Charlton Heston
(1924―2008)

アメリカの俳優。イリノイ州エバンストンに生まれる。大学卒業後、空軍に入隊。除隊後キャサリン・コーネル劇団に参加。1950年映画界入り。がっちりした体格と風貌(ふうぼう)から史劇への出演が多く、『ベン・ハー』(1959)でアカデミー主演男優賞を受賞。代表作に『地上最大のショウ』(1952)、『十戒』(1957)、『大いなる西部』(1958)、『華麗なる激情』(1965)、『猿の惑星』(1968)、『ソイレント・グリーン』(1973)など。1998年、全米ライフル協会(NRA)会長就任(2003辞任)。[畑 暉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘストンの関連キーワードジェームス ファレンティノステファニー ジンバリスト全米ライフル協会(NRA)パニック・イン・スタジアム地球最後の男オメガマンアダム ボールドウィンメリー・ディア号の難破ジュリアス・シーザーヒルデガード ニールソイレント・グリーンニードフル・シングスエアポート'75トゥルーライズ地球最後の男大いなる西部続・猿の惑星10月4日コリンズ納谷悟朗猿の惑星

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘストンの関連情報