コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘムエリトリン ヘムエリトリンhemerythrin; haemerythrin

2件 の用語解説(ヘムエリトリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘムエリトリン
ヘムエリトリン
hemerythrin; haemerythrin

色素蛋白質の一種で,無脊椎動物血色素ヘモグロビンと同様に酸素の運搬体。2価鉄原子とペプチドから成るヘモフェリン hemoferrinといわれる補欠分子族が,グロビン様蛋白質と結合したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘムエリトリン【h(a)emerythrin】

酸素分子を可逆的に結合する色素タンパク質の一種。ミミズゴカイなどの環形動物シャミセンガイホオズキガイなどの腕足類など限られた動物の細胞内に存在し,代謝に必要な酸素を供給する。一般に多くのサブユニットから成り,各サブユニットは2個の鉄原子をもつ。しかし,ヘムタンパク質ではない。酸素分子が鉄原子の間に結合すると無色から赤色に変化する。【宝谷 紘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘムエリトリンの言及

【呼吸色素】より

…多くは血液中にあって血液色素ともよばれ,酸素を運搬あるいは貯蔵する役割を果たしている。ヘモグロビンはほとんどすべての脊椎動物と一部の無脊椎動物に,クロロクルオリンはケヤリなどに,ヘムエリトリンはホシムシやシャミセンガイにみられ,いずれも鉄を含んでいる。銅を含むヘモシアニンは甲殻類や頭足類にみられる。…

※「ヘムエリトリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone