ヘラクレスオオカブトムシ(英語表記)Dynastes hercules

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラクレスオオカブトムシ【Dynastes hercules】

甲虫目コガネムシ科の昆虫で,世界最大のカブトムシとして知られる(イラスト)。ヘルクレスオオカブトムシともいう。学名はギリシア伝説の英雄ヘラクレスからつけられた。雄の大型個体には胸部の長い角を含めると180mmに達するものがある。雄は頭胸部が黒色,上黄褐色茶褐色斑点を散在する。雌は角を欠き,胸部に褐色の短毛を密生し,上翅は点刻でしわ状となる。体長60mm内外。北アメリカ南部から南アメリカ北部までの大陸と西インド諸島に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラクレスオオカブトムシ
へらくれすおおかぶとむし
Hercules beetle
[学]Dynastes hercules

昆虫綱甲虫目コガネムシ科カブトムシ亜科に属する甲虫。中央アメリカ、アンティル諸島(キューバなど)に産する巨大なカブトムシで、甲虫のなかでも最大の種として有名。種名はギリシア神話の英雄ヘラクレスにちなむ。雄は前胸背部から前方へ伸び、やや下方へ湾曲する細く長い角(つの)があり、頭からもやや上向きに反った長角が前方に出ており、大形の個体では全長18センチメートルにも達するが、雌は角がなく、小形である。上ばねは黄緑色を帯びた汚淡褐色で、多数の小さい黒点を散らしている。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android