コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラチョウザメ paddlefish

翻訳|paddlefish

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラチョウザメ【paddlefish】

チョウザメ目ヘラチョウザメ科に属する淡水魚(イラスト)。北アメリカ東部の河川にすむ。頭部が大きく,鰓蓋(さいがい)は後方へ長く突出する。上あごの吻端(ふんたん)は扁平で,体の全長の1/3程度まで長くのび,へら状を呈するのでこの名がある。またその表面下には細い血管が網目状に走っている。この類は体の表面にうろこがないか,または小さなうろこが散在するだけで,チョウザメのような板状硬鱗の縦列はない。吻の腹面の触鬚(しよくしゆ)は2本で,上下両あごには小さな歯があり,これらの点でもチョウザメと異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラチョウザメ
へらちょうざめ / 篦
paddlefish
[学]Polyodon spathula

硬骨魚綱チョウザメ目ヘラチョウザメ科に属する淡水魚。北アメリカのミシシッピ川にすむ。体はサメに似ているが、鼻先が体長の3分の1ないし2分の1ほどへら状に前方へ突出しており、その付け根に小さい目がある。体表面は滑らかで、鱗(うろこ)がない。産卵はミシシッピ川の激流の中で行われる。卵径はおよそ3ミリメートルで、1週間で孵化(ふか)する。仔魚(しぎょ)は透明で、鼻先が伸びていない。体長4センチメートルになると、およそ7ミリメートルの鼻が出現する。7、8年で10~15キログラムになり成熟する。普通、体長は1.8メートル、体重84キログラムほどになるが、最大体長3.6メートルに達する。口をいっぱいに開いて泳ぎ、おもに小形甲殻類やプランクトンをえらで漉(こ)して食べる。
 肉は近年になって利用されるようになった。緑黒色の卵はアメリカ産のキャビアになる。幼魚は飼育観賞魚として人気がある。種の存続について危惧種(きぐしゅ)に位置づけられている。近縁種のハシナガチョウザメは黄河(こうが)と揚子江(ようすこう)にすむが、絶滅危惧種である。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘラチョウザメの関連キーワード硬骨魚類篦鱘魚篦蝶鮫軟質類

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘラチョウザメの関連情報