ヘラドス文化(読み)ヘラドスぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラドスぶんか【ヘラドス文化】

ギリシア本土の青銅器文化。ヘラドスHelladosはギリシアを意味するヘラスにちなむ。ヘラディック文化ともいう。他のエーゲ諸文明に対応して初期,中期,後期に分けられるが,後期はミノス文明の影響のもとに変質し,飛躍的に発達するので,これをミュケナイ文明とよんで区別する。ギリシア新石器時代にはテッサリアを中心に特色あるセスクロおよびディミニ土器をもつ文化が発達した。これらは東方からの伝来らしい。前2600年ころになると,やはり東方からの影響と思われるが,青銅器文化がテッサリアを残して中部から南部ギリシアにまで現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘラドス文化の言及

【エーゲ文明】より

…ギリシアの中部から南部にかけて強力な青銅器文化が進出してきたからである。これがヘラドス文化であり,時間的に差はあるが,トロイア,キクラデス諸島,クレタが青銅器時代にはいる。だいたい前3000年から前2600年の間のことである。…

※「ヘラドス文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android