コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリオドロス Hēliodōros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリオドロス
Hēliodōros

3世紀のギリシアの恋愛物語作者。シリアのエメサ出身。当時の小説中で最もすぐれた『エチオピア物語』 Aithiopikaの作者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘリオドロス【Hēliodōros】

古代ギリシアの小説家。生没年不詳。アジアの出身でシリアに生まれた紀元後3世紀ごろの人と考えられているが,伝記については詳しいことはわからず,あるいは4世紀に活躍したとの説もある。残されている作品は《エチオピア物語》の名で知られる《テアゲネスとカリクレイア》の1作だけである。これは散文で書かれた全10巻の恋愛小説で,現存する古代ギリシアの小説のうち最も長く,叙述の技法などからも注目すべき作品である。【引地 正俊

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリオドロス
へりおどろす
Heliodoros

生没年不詳。3世紀ごろの古代ギリシアの小説家。シリア出身で4世紀の人ともいわれる。ギリシアの恋愛物語のなかではもっとも長い『エチオピア物語』(別名『テアゲネスとカリクレイア』)の作者。捨てられたエチオピアの王女がギリシアの青年と恋に落ち、さまざまの危険にあいながら各地を放浪したのち、故郷で結ばれるまでを描く。物語の展開が巧みで、ルネサンス期に再発見され、セルバンテスやタッソなどに影響を与えている。[引地正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘリオドロスの言及

【エチオピア物語】より

…ギリシア作家ヘリオドロスによる10巻の恋愛小説。現存する古代ギリシア小説の白眉とされる。…

※「ヘリオドロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘリオドロスの関連キーワードアンチオコス4世セレウコス4世ギリシア文学ヘシュキオススタンツァウダヤギリラファエロアミヨ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android