ヘルツォーク(読み)へるつぉーく(英語表記)Thomas Herzog

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルツォーク(Thomas Herzog)
へるつぉーく
Thomas Herzog
(1941― )

ドイツの建築家。ミュンヘンに生まれる。1965年ミュンヘン工科大学建築学科卒業。その後1969年まで、ミュンヘンのペーター・C・フォン・ザイトラインPeter C. von Seidlein(1925―2014)のもとで働く。1969~1972年シュトゥットガルト大学の学術研究員となる。その間1971年、1972年にはローマのドイツ・アカデミーで在外研究生として研究活動を行う。1971年、ミュンヘンに自らの事務所を設立する。当時、膜構造建築の第一人者であったフライ・オットーの影響を受け、1972年「空気膜構造の研究」でローマ大学で博士号を取得。1973年カッセル総合大学教授となり、設計や製品開発に携わる。初期の代表作にはレーゲンスブルクの住宅(1979)がある。この住宅は、南面全体がゆるやかに傾斜した三角形断面をもつ構成で、南面を全面ガラスとし、太陽エネルギーの有効利用を考慮したソーラーハウス型の実験住宅である。
 1986年以降、ダルムシュタット工科大学で設計および建築工学を研究し、1993年からミュンヘン工科大学の教授となる。1990年代にはそれまでの研究成果を具体化する形で、環境やエネルギーをテーマとしたプロジェクトを次々と発表し、注目を集める。1990年代初期の代表作にはデザインセンター・リンツ(1993)がある。これは高さ約12メートル、幅約80メートルの広大な無柱空間(柱のないオープンな空間)を、複雑な制御機構による複層ガラスの屋根で全面的に覆ったものである。ここでは太陽光の入射角度を厳密に検討し、直射光を避け自然光を効果的に取り入れることができる。その直後に完成した自身の設計事務所アトリエ(1994、ミュンヘン)では、エアロジェル(ガラスと同じく二酸化ケイ素を主成分とする低密度の固体。体積のほとんどを空気が占める)という新素材を利用し、それをガラスの間に挟み込むことで、光を取り入れながら断熱性を確保する手法を試みている。
 ハノーバー産業見本市本部ビル(1999)は、一辺約24メートルからなる正方形平面のビルで、20階建ての高層オフィスビルである。このビルは複層ガラスによる外壁を付加することで二重壁の構成とし、二重壁の間を緩衝スペースとして利用することで、熱負荷の軽減や通風、採光の制御などを行う。2000年のハノーバー万国博覧会では「シンボル大屋根」を設計し、大規模な木造構造物を実現させた。ここでも木造の巨大な単位構造物を基本としながら、膜を通した自然採光、国産材の利用など、自然と技術との融合というテーマが実践されている。
 ヘルツォークは自然や環境というテーマに関して単体としての建築だけでなく、環境やサステイナビリティ(持続可能性)をテーマとし、都市レベル構想も持続的に展開している。ソーラー・シティ・プロジェクト(1995~2004、リンツ)ではノーマン・フォスターやリチャード・ロジャーズとともに、2万5000人が居住する環境共生型の都市を創案した。また、同じくフォスターたちとともに進めているソーラー・クォーター(1996~ 、レーゲンスブルク)でも、エネルギーのリサイクル・システムや太陽エネルギーの効果的な利用、自動車利用の抑制といった要素を多様に盛り込んだ、環境配慮型都市モデルを模索している。
 ヘルツォークの建築と活動は、単に環境への消極的な配慮にとどまらず、テクノロジーを駆使した積極的な環境への対応や、新素材の利用、交通問題への解答など、環境全体を見据えたより統合的な思考が展開されている点に特徴がある。日本でもしだいに注目を浴び、2003年(平成15)には東京・代官山のヒルサイド・テラスで「トーマス・ヘルツォーク展」が開催された。
 おもな受賞歴としてはミース・ファン・デル・ローエ賞(1981)、ドイツ建築家協会ゴールド・メダル(1993)、フランス建築アカデミー建築大賞(1998)、ヨーロッパ・ソーラー大賞(2000)などがある。[南 泰裕]
『「特集サステナブル・アーキテクチュアの射程」(『Glass & Architecture』2003年春号・旭硝子) ▽「トーマス・ヘルツォーク氏インタビュー」(『日経アーキテクチュア』2003年5月26日号・日経BP社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルツォークの関連情報