コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ大学 ローマだいがく Università degli Studi di Roma `la Sapienza'

6件 の用語解説(ローマ大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ大学
ローマだいがく
Università degli Studi di Roma `la Sapienza'

イタリア,ローマにある国立総合大学。共学制。ボローニャ大学に次ぐ歴史を誇る。 1303年ローマ教皇ボニファチウス8世の勅許状を得,民法と教会法の2学部を有する法科大学として発足。現在は法学,政治学,経済学・商学,統計・人口統計学・保険計理学,文学・哲学,数学・物理学・自然科学,医学,薬学,工学,航空工学,建築学,図書館学古文書学の各学部を設け,著名な建築家 M.ピアチェンティーニが設計したローマの東郊外の広大な「大学都市」の中に配置されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ローマ‐だいがく【ローマ大学】

ローマにあるイタリア最大の国立大学。1303年、ボニファチウス8世により創立。ローマ‐ラ‐サピエンツァ大学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローマ大学【ローマだいがく】

ローマにあるイタリア最大の国立総合大学。1303年法学研究機関として教皇により設立。1861年のイタリア王国成立以後,国家的大学として発展。法学,政治学,経済学・商学,人口・統計・保険数理,文学・哲学,医学,理学,薬学,工学,航空工学,建築,社会学,心理学,図書館学の各学部を置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローマだいがく【ローマ大学 Università degli Studi di Roma】

イタリアのローマにある国立大学。13世紀には教皇庁とともに移動した教皇庁大学Studium curiaeがすでに存在していたが,これとは別個に都市大学Studium urbisとして,教皇ボニファティウス8世によって1303年に設立された。しかし,中世大学の特徴を備えた都市大学とはいえ聖職者の管理下に置かれていたし,教会の大分裂などの影響によって当初は弱体であった。15世紀以降,インノケンティウス7世によるフィレンツェ大学に次ぐギリシア語講座の設置やエウゲニウス4世の大学再建によって繁栄し,人文主義隆盛の一翼を担うこととなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ローマだいがく【ローマ大学】

ローマにあるイタリア最大の国立大学。1303年創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローマ大学
ろーまだいがく
Universit degli Stud di Roma“ La Sapienza”

イタリアのローマにある国立大学。1303年教皇ボニファティウス8世(在位1294~1303)によって、市の大学Studium urbisとして設立された。当初から法学と教養諸学科の教育で知られたが、全般的には振るわず、1431年教皇エウゲニウス4世Eugenius (1383ごろ―1447、在位1431~1447)が大学の再建に乗り出した。その後も政治的動揺などの理由により、大学の発展はしばしば停滞した。同大学が本格的にイタリアの中心的大学としての地位を獲得したのは、1861年のイタリア王国の成立以後であるとされている。その後1935年にはテルミニ駅近くに建設された大学都市Citt Universitariaに移転した。法学、政治学、経済学、人口・統計学、文学、心理学、理学、社会学、工学、建築学、医学、薬学の12学部と、航空宇宙工学および学芸員・司書養成の二つの専門学校をもつ。付属研究施設としては国立高等数学研究所などがある。1960年代の急激な高等教育拡張の結果、専任教員数約4060人、学生数約16万人(1997)を数え、同国最大の高等教育機関となっている。
 なおローマには、ほかにも二つのローマ大学があり、それぞれ名称を“Tor Vergata”“Tre”といい、まったく別の大学である。イタリアの国立大学は、所在する都市名が名称として付けられる。ローマの場合は、三つの大学の名称が重なるので、さらに細かい地名や設立された順番を付け加えて区別している。本項のローマ大学の名称に付けられている“La Sapienza”は、ローマ中心部の地名である。[伊藤彰浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローマ大学の関連キーワード大分大学三重大学横浜国立大学イタリアンコルシーニ宮殿コロンナ宮殿ポポロ門イタリアンロールフェリーニのローマローマ風

ローマ大学の関連情報