コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーゲンスブルク レーゲンスブルク Regensburg

5件 の用語解説(レーゲンスブルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーゲンスブルク
レーゲンスブルク
Regensburg

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ニュルンベルクの南東約 90km,ベーマーワルトからのレーゲン川がドナウ川に合流する地点にある。ケルト人の集落に始まり,77年ローマの軍営が設けられ,179年砦が築かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レーゲンスブルク(Regensburg)

ドイツ南東部、バイエルン州の都市。ドナウ川と支流レーゲン川の合流地点に位置し、古代ローマ時代から水運の要衝となり、特に12世紀から13世紀にかけて、交通と交易の中心地として栄えた。ドナウ南岸の旧市街にあるゴシック様式のレーゲンスブルク大聖堂ドナウ川にかかる12世紀に建造されたドイツ最古の石橋、および対岸のシュタットアムホーフにある旧聖カタリナ慈善病院など、中世の面影を色濃く残す歴史的建造物が多く、2006年に「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レーゲンスブルク

ドイツ南部の都市。ミュンヘン北東約100km,ドナウ川に臨む。機械,化学,製糖,造船などの工業が行われる。大学(1962年創立)があり,古代ローマ時代の遺跡,多くのゴシック建築がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レーゲンスブルク【Regensburg】

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。人口12万6000(1995)。ドナウ川に沿い,河港をもつ。電機,化学,金属工業,織物,皮革製造が行われる。古称はラダスボナRadasbona(ラティスボナRatisbona)。古くから集落があったが,ローマの占領後179年城塞と屯営が設けられた。屯営は東西450m,南北530mで,その跡は旧市の町並みからうかがわれる。4世紀にゲルマン人に占領され,535年ころバイエルン族が来住してバイエルン大公の居城となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーゲンスブルク
れーげんすぶるく
Regensburg

ドイツ南東部、バイエルン州の都市。レーゲン川がドナウ川に合流する地点に位置する。人口12万5700(2000)。ドナウ川に河港をもち、鉄道・道路の結節点であることから商業都市としての性格が強い。中世を中心とした文化・芸術の遺産が多いことでも知られる。工業はつつましやかであるが、機械、化学、皮革、食品など多岐にわたっており、とくにソーセージの生産はよく知られている。また、バイエリッシャー・ワルト山地への観光拠点でもある。
 ドナウ川に川中島があり、徒渉しやすい地点であることから、紀元前5世紀ごろにケルト人が集落を建設した。古称ラダスボナRadasbona。紀元後179年にはローマ人が渡河地点を確保するために城塞(じょうさい)と屯営を建設したが、4世紀にゲルマン人が占領した。739年に司教座が置かれて南ドイツのキリスト教の中心地になり、788年にはカール大帝の王領となった。12~13世紀が商業のもっとも栄えた黄金時代で、1245年には帝国都市となり、都市自治を獲得した。しかし、14世紀以後、ニュルンベルクやアウクスブルクなどにその地位をとってかわられた。1663年から1806年の間は帝国議会の常設開催地であった。その後1810年にバイエルン領となる。19世紀後半にドナウ川の水運と鉄道によって活気を取り戻したが、工業の飛躍的な発展には乗り遅れた。第二次世界大戦中、連合軍にしばしば爆撃されたが、かつての繁栄を示す中世の建物が生き残り、中世的雰囲気をいまに残している。多くの歴史的建造物が残るが、ザンクト・エメラム修道院(8~12世紀)、ドナウ川に架かる石橋(1135~46)、ゴシック様式のザンクト・ペーター大聖堂(1275~1524)、ドイツ帝国議会が行われた広間をもつ旧市庁舎(14~15世紀)などがある。[石井英也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のレーゲンスブルクの言及

【バイエルン】より


【歴史】

[バイエルン大公国の成立]
 アルプス以北の高原地帯には,紀元前1千年紀の半ば以降ケルト人が住み,ドナウ川流域の大都市マンヒングをはじめ,ここにもラ・テーヌ文化が栄えていた。紀元前15年のローマによる征服以後は,レーゲンスブルクが,ドナウ川以北に進出したゲルマン人に対する要塞都市として,またアウクスブルクが,ローマに通じる街道の要地として発達した。バイエルン部族の名が初めて歴史に登場するのは,ゲルマン民族大移動の末期,6世紀中葉のことであるが,その由来については,ボヘミア方面からこの地に移住したゲルマン人の一派とする説,ゲルマン人と並んで基層としてのケルト人(およびローマ人)を重視する説など,諸説がある。…

※「レーゲンスブルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レーゲンスブルクの関連キーワードドナウウェルトドナウ川パッサウランツフートシュバーベンバイエルンアンスバッハプリーンワルハラ神殿ヴァルハラ神殿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーゲンスブルクの関連情報