コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロジャーズ ロジャーズRodgers, John

17件 の用語解説(ロジャーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロジャーズ
ロジャーズ
Rodgers, John

[生]1773. アメリカメリーランド
[没]1838.8.1. アメリカ,フィラデルフィア
アメリカの軍人。 1799年海軍大佐。 1802~06年のバーバリ海賊との戦いでトリポリを封鎖。 12年のアメリカ=イギリス戦争ではイギリス海上交通の妨害,ワシントン攻撃後のイギリス軍に対する海兵隊による攻撃,ボルティモア防衛などで活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, Carl R(ansom)

[生]1902.1.8. イリノイ,オークパーク
[没]1987.2.4. カリフォルニア
アメリカの心理学者。オハイオ州立大学シカゴ大学ウィスコンシン大学教授を歴任。非指示的カウンセリングによる精神療法 (→来談者中心療法 ) によって知られ,また自我構造とその機能に関する研究や生活史における自我実現の原理などにより人格理論に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, James Edwin Thorold

[生]1823. ハンプシャー,ウェストメオン
[没]1890.10.12. オックスフォード
イギリスの経済学者。ロンドン大学オックスフォード大学に学び,1859年ロンドン大学経済学,統計学教授。 62年,88年にオックスフォード大学経済学教授。自由党に属し,80~86年下院議員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, Samuel

[生]1763.7.30. ロンドン近郊
[没]1855.12.18. ロンドン
イギリスの詩人。富裕な銀行家の家に生れた。詩作のかたわら,E.バーク,W.スコットバイロンなど多くの文人と交わり,巧みな話術によって社交界の寵児となった。『迷信に寄せる』 Ode to Superstition (1786) ,『記憶の楽しみ』 The Pleasures of Memory (92) ,バイロンの『チャイルド・ハロルドの巡礼』を模した『イタリア』 Italy (1822~28) などのほか,死後出版の『回想録』 Recollections (59) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, Will; William Penn Adair Rogers

[生]1879.11.4. オクラホマ,クレアモア近郊
[没]1935.8.15. アラスカポイントバロー近郊
アメリカの俳優。 1905年からニューヨークの舞台に登場,軽喜劇やミュージカルで人気を博し,特に「ジーグフェルド・フォーリーズ」にしばしば出演。 18年以後は映画にも出演。また『ニューヨーク・タイムズ』などに軽妙洒脱な警句に富んだ寄稿文を載せた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, William

[生]1819.11.24. ロンドン
[没]1896.1.19. ロンドン
イギリスの教育家。教義の教育は両親と牧師の手にゆだねるべきであると主張し,「神学吊しのロジャー」として知られた。 1841年聖職に叙任。 45年ロンドンのチャーターハウスのセント・トマス教会の牧師補に任じられ,教区内の貧民や犯罪者の教育に打込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, William Pierce

[生]1913.6.23. ニューヨーク,ノーフォーク
[没]2001.1.2. メリーランド,ベセスダ
アメリカの政治家。コルゲート大学卒業。弁護士を経て 1957年 D.アイゼンハワー政権の司法長官,1969~73年 R.ニクソン政権の国務長官を務め,対外政策の面で堅実な手腕を発揮した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, Woodes

[生]1679?
[没]1732.7.16. バハマ諸島ナッソー
イギリスの私略船船長。 1708年外国の海賊に船を奪われたブリストル商人の援助を受け,世界をまたにかけた私略行為に出航。途中太平洋でアレクサンダー・セルカーク (ロビンソン・クルーソーのモデルとなった人物) を救出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rogers, Ginger

[生]1911.7.16. ミズーリインディペンデンス
[没]1995.4.25. カリフォルニア,ランチョミラージュ
アメリカ合衆国ダンサー,女優。本名 Virginia Katherine McMath。1930年代のミュージカル映画におけるフレッド・アステアとのコンビで知られる。ボードビルでダンサーとして仕事を始め,1929年に『トップスピード』Top Speedでブロードウェーデビュー

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rodgers, Richard

[生]1902.6.28. ニューヨーク
[没]1979.12.30. ニューヨーク
アメリカのミュージカル作曲家。コロンビア大学 (中退) ,音楽芸術学校 (現・ジュリアード音楽院) 在学中から,脚本家ローレンツハートとのコンビで数多くのミュージカルを手がけ,1942年ハートが没するまで,『マイ・ファニーバレンタイン』などの名曲を含むミュージカル,喜劇などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロジャーズ
ロジャーズ
Rodgers, Richard

[生]1933. フィレンツェ
イタリア生れのイギリスの建築家。 1937年イギリスに移住。ロンドンの AAスクールで学び,エール大学に留学。そこで N.フォスターと知合い,63年チーム4を設立。この頃の作品には映画『時計じかけのオレンジ』のロケに使われたジェッフィ邸 (通称スカイブレイク・ハウス) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロジャーズ(Carl Ransom Rogers)

[1902~1987]米国の臨床心理学者。患者本位の来談者中心療法を開発した。著「カウンセリングと心理療法」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロジャーズ

米国の作曲家。コロンビア大学在学中,作詞家ハートLorenz Hart〔1895-1943〕と知り合い,コンビを組み,《ギャリック・ゲイエティー》などのオペラを書いた。
→関連項目ミュージカル

ロジャーズ

英国の経済史家。農業史を物価史との関連で研究し,画期的な業績をあげた。ロンドン大学とケンブリッジ大学に学び,聖職につく。穀物法反対運動で知られるコブデンの影響をうけて,農業問題に関心をよせるようになり,ロンドン大学,オックスフォード大学で統計学・経済学の教授を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロジャーズ【James Edwin Thorold Rogers】

1823‐90
イギリスの経済史学者,政治家。穀物法反対運動で知られるR.コブデンとの交流を通じて農業問題に関心を抱く。1880‐86年自由党庶民院議員。1866年以来,大著《イギリス農業・物価史》を刊行,没後の1902年に第7巻が出て完成した。いまだに物価史研究の基本文献となっているこの著作は,農業史そのものや農民の生活史の研究としても,画期的な作品であった。【川北 稔】

ロジャーズ【Richard Rodgers】

1902‐79
多くの名作ミュージカルを書いたアメリカの作曲家。音楽好きの両親の影響を受け,14歳のとき初めて歌を作り,コロンビア大学時代に知り合った作詞家ローレンツ・ハートLorenz Hart(1895‐1943)と,1925年の《ギャリック・ゲイエティーズ》を手始めに,次々にミュージカルを合作した。その中には《マイ・ファニー・バレンタインMy Funny Valentine》などの名歌が含まれていた。43年には作詞家オスカーハマースタインと新コンビを組み,《オクラホマ!Oklahoma!》(1943),《南太平洋South Pacific》(1949),《サウンド・オブ・ミュージックThe Sound of Music》(1959)など不朽の名作を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロジャーズ【Carl Ransom Rogers】

1902~1987) アメリカの心理学者。伝統的な指示的療法に対し、非指示的なカウンセリングを提唱し、来談者中心療法を創始した。主著「カウンセリングと心理療法」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のロジャーズの言及

【ミュージカル】より

…これはミシシッピ川を往来するショーボートをおもな舞台にして,一座の座長の娘と流れ者の賭博師とのロマンスを描いたものであるが,同時に,人種差別のせいで不幸になる一座の花形女優の物語をも扱い,黒人がおおぜい登場する点,また,個々のナンバーがプロットと緊密につながっている点で,画期的な作品だった。カーンにやや遅れて現れ,第2次大戦前の時期に,あるいは戦後まで,活躍したおもな作曲者は,I.バーリン,G.ガーシュウィン,K.ワイル,C.ポーター,R.ロジャーズなどである。バーリンは詞も書き,最初はおもにレビューの仕事をして無数のヒット・ソングを生んだが,射撃が巧みな娘を主人公にした野趣と生気の充満する《アニーよ銃をとれ》(1946)によって,本格的なミュージカルでも優れた業績を残した。…

※「ロジャーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ロジャーズの関連キーワードティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱ティーパーティーボストン・ティーパーティー事件ボストン茶会事件ティーパーティー(茶会)長久保赤水あけ烏

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロジャーズの関連情報