コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロナ ヘロナGerona

3件 の用語解説(ヘロナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロナ
Gerona

スペイン北東部,カタルニャ州,ヘロナ県の県都。ガリアからイベリア半島へ通じる要地を占めていたため,古代にはイベリア人ローマ人の軍事基地であった。 714年ムーア人に占領されたが,797年アキタニア王ルイによって奪回された。 11世紀にはロマネスク様式の大聖堂が建設された。塔と回廊が現存する。中世には金銀細工の生産で有名であった。現在,牛乳加工,製粉,ビスケット製造などの食品工業,織物工業,化学工業などが発達。 1446年創立の大学がある。人口6万 4968 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘロナ【Gerona】

スペイン,カタルニャ地方の同名県の県都。人口12万6000(1982)。テル川とその支流オニャール川に挟まれた丘陵にあり,フェニキア人ギリシア人の入植以来,軍事・戦略上の要地とされた。西ゴート王国時代(5~8世紀),イベリア半島とヨーロッパを結ぶ商業・文化の中継地となり,8世紀にはイスラム教徒からヨーロッパを守る拠点となった。12~15世紀にかけ,教会や修道院の建立,製紙業・羊毛生産の開始など,文化・経済面で繁栄の一時代を築いたが,地中海交易の衰退や隣国フランスとの対立により,近代以降は発展の道が閉ざされてしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘロナ
へろな
Gerona

スペイン北東部、カタルーニャ地方ヘロナ県の県都。人口7万4879(2001)。標高98メートルの丘陵に位置し、テル川支流オニャル川が町を貫く。フランス国境に近く、古くから軍事上の要地となり、その歴史は戦争の歴史であった。ことに1809年、住民がナポレオン軍に抵抗して7か月間戦ったのは有名。狭い曲がりくねった道、大聖堂(1312~1598)をはじめ、教会や修道院などの中世の建築物や城跡など、歴史的建築物がオニャル川の右岸にある。食品、繊維などの工業が丘陵の麓(ふもと)で行われる。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone