コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンダーソン島 ヘンダーソンとう Henderson Island

3件 の用語解説(ヘンダーソン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンダーソン島
ヘンダーソンとう
Henderson Island

南太平洋,フランス領ポリネシア東部のピトケアン諸島にあるイギリス領の無人島。南緯 24°22′,西経 128°19′。面積 37km2。環状サンゴ礁の島で,かつてポリネシア人が生活していた痕跡があるが,18世紀に「発見」されたときはすでに無人島であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘンダーソン‐とう〔‐タウ〕【ヘンダーソン島】

Henderson Island》南太平洋のポリネシア東端、ピトケアン諸島の無人島。イギリス領。ピトケアン島の北東約190キロメートルに位置する。面積37平方キロメートル。島内にはヘンダーソンオウム、ヘンダーソンクイナをはじめ、動植物の固有種が多く確認されている。1988年に世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ヘンダーソンとう【ヘンダーソン島】

1988年に登録されたイギリスの世界遺産(自然遺産)で、南太平洋ポリネシアの東部、イギリス領ピトケアン諸島にある環状珊瑚礁の無人島。面積は37km2。原始のままの自然の中に、ヘンダーソンクイナ、ヘンダーソンヒメアオバト、ヘンダーソンオウムなど、この島固有の動植物が生息している。貴重な生態系が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHenderson Island

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンダーソン島の関連キーワードソルテア世界遺産暫定リスト世界遺産登録危機遺産リスト河港都市グリニッジゴフ島及びインアクセシブル島セント-キルダダーウェント峡谷の工場群ニュー-ラナークブレナヴォン産業用地

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone