ヘースティングズの戦い(読み)ヘースティングズのたたかい(英語表記)Battle of Hastings

  • Hastings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルマンディー公ウィリアムのイングランド征服 (→ノルマン・コンクェスト ) の際の戦闘。 1066年 10月 14日現在のイーストサセックスヘースティングズ北郊で,王位継承を主張するウィリアムの率いる騎兵隊が,イングランド王ハロルド2世のアングロ・サクソン軍を破り,ハロルド死させた。 12月ウィリアム1世として即位し,ここにアングロ・サクソン時代は終りを告げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1066年、ノルマンディー公ウィリアム(ギヨーム2世)がイングランド王ハロルド2世を破ってイギリス征服(ノルマン・コンクェスト)を果たした戦い。ウィリアムは、エドワード懺悔(ざんげ)王との間にできていた王位継承の約束を、王の死後王位を継いだハロルド2世により破られたため、彼を撃つことを決意。同年9月末にイングランドに上陸し、ヘースティングズHastingsに陣を張った。その直前ノルウェー王をスタンフォードで破ったハロルドはただちに兵を返して、同年10月14日ヘースティングズで対決。ノルマン騎兵軍に対してイングランド歩兵軍は善戦したが敗れ、ハロルドも戦死した。

[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1066年ノルマンディー公ウィリアム(1世)がイングランド王ハロルド2世を破った戦い
この戦いでアングロ−サクソン歩兵軍は壊滅 (かいめつ) し,ハロルド2世も敗死,ノルマン人のイングランド征服が決定的となった。ヘースティングズはイギリスのサセックス州の都市。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android