コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘールツ Geerts, Anton Johannes Cornelis

3件 の用語解説(ヘールツの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ヘールツ Geerts, Anton Johannes Cornelis

1843-1883 オランダの薬学者。
1843年3月24日生まれ。明治2年(1869)来日し,長崎医学校(現長崎大)の理化学教師となる。のち京都,横浜の司薬場教師。コレラの防疫対策などにつくし,「日本薬局方」の編集に参画した。妻は日本人。明治16年8月30日横浜で死去。40歳。ゲールツともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ヘールツ

没年:明治16.8.30(1883)
生年:1843.3.24
明治期に来日したお雇い外国人オランダ人理化学教師。アムステルダム近郊に生まれ,ユトレヒト軍医学校の教官在職中の明治2(1869)年,ハラタマの後任として長崎医学校(長崎大)の理化学教師に雇われた。8年に京都に官立の施薬場が設けられると内務省衛生局雇として京都に移り,同時に京都府の設けた舎密局においても理化学の教育を担当。翌年京都施薬所の廃止に伴い新設の横浜施薬場に移る。横浜で病死し山手の外国人墓地に葬られた。日本薬局方の編纂者としての功績が大きい。妻は日本人の山口きわ。

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘールツ
へーるつ
Anton Johannes Cornelis Geerts
(1843―1883)

オランダの薬学者。オランダのオウデンディクに生まれ、父は薬業家で言語学者。日本の通称ゲールツ。ユトレヒト大学で薬学を学び、陸軍薬剤官となる。21歳で陸軍軍医学校化学教官に抜擢(ばってき)される。1869年(明治2)長崎医学校予科教師として来日、1875年京都司薬場教師に転じ、粗悪薬品取締りの検査と薬学教育に従事。日本研究資料の収集、温泉調査に努める。翌1876年新設の横浜司薬場に移り、本務のかたわら、衛生知識の普及向上、コレラ防疫対策、伝染病予防規則制定の建議に奔走した。『日本薬局方』編纂(へんさん)委員の任務も死の直前まで尽くした。広範な著作中『新撰本草(しんせんほんぞう)綱目・鉱物』(2編)は全編フランス語であるが、品名だけは漢字で書かれた労作である。政府の要請でフランクフルトの万国鉱泉博覧会に出品した日本各地の温泉成分表は『日本鉱泉誌』の原典である。志なかばの急死を悼み、政府は勲四等旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)を贈り、横浜の外人墓地に手厚く葬り、日本人妻と6人の幼い娘たちの自立の道を講じた。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘールツの関連キーワードアビーフォックエイクマンヒルハウスブラウンスゴッチェシャンドドールンドワルスフロラン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone