コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘールトヘン・トート・シント・ヤンス Geertgen tot Sint Jans

世界大百科事典 第2版の解説

ヘールトヘン・トート・シント・ヤンス【Geertgen tot Sint Jans】

ハールレムで活動した15世紀後半のオランダ(北ネーデルラント)の代表的画家。ファン・マンデルの《画家の書》(1604)によれば,ハールレム画派の始祖ファン・アウワーテルA.van Ouwaterに学び,助修士として聖ヨハネ(シント・ヤンス)騎士団の修道院で活動し28歳で夭折したとされているが,生没年や生涯の詳細は不明。その風景描写は次代の北方画家たちに大きな影響を及ぼした。オランダで特異な発展を遂げる集団肖像画の出発点ともみなせる《聖ヨハネの遺骨の焼却》(ウィーン美術史美術館)が代表作。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヘールトヘン・トート・シント・ヤンスの関連キーワードハールレム