コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベックマン温度計 ベックマンおんどけいBeckmann thermometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベックマン温度計
ベックマンおんどけい
Beckmann thermometer

E.O.ベックマンが考案した微小な温度差を精密に測定する水銀温度計氷点降下沸点上昇熱量計の温度測定などに用いられる。測定範囲 5Kのものでは1目盛り 0.01K,範囲 1Kのものでは1目盛り 0.0001Kである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベックマン‐おんどけい〔‐ヲンドケイ〕【ベックマン温度計】

わずかな温度変化の測定に用いられる水銀温度計。上部にも水銀溜(だめ)を設けてある。ドイツの化学者ベックマン(E.O.Beckmann)が考案。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベックマン温度計
べっくまんおんどけい

ドイツの化学者E・O・ベックマンが発明した温度計。温度変化を精密に測定する温度計である。測定目盛り板の長さ約30センチメートルのところに5℃の温度間隔が刻まれている。したがって温度の変化量を100分の1℃まで読み取ることができる。この温度計の特徴は上部にも水銀溜(りゅう)をもっていることである。もし目的とする温度、たとえば100℃付近で温度を精密に測りたいが、水銀柱が目盛りを越えてしまう場合には、100℃よりも2~3度高温のところに下部の水銀溜を置き、上部の水銀溜に水銀の一部を移して、100℃程度でちょうど目盛り板の中央付近に水銀柱がくるように調節すればよい。[渡辺 昂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベックマン温度計の言及

【液体温度計】より

…一定期間中の最高温度,最低温度の一方または両方を,後から読み取ることができるように作られた液体温度計もある。また,ベックマン温度計は,補助の液だめを備えた水銀温度計で,0.001℃程度の微小温度差の測定に用いられる。【高田 誠二】。…

【ベックマン】より

…1886年,ケトオキシムは酸性でアミドを作用させると急激に反応が生じ,いわゆる〈ベックマン転位〉反応となることを明らかにした。また彼が発明したベックマン温度計は,沸点上昇,凝固点降下の測定を可能にし,有機化合物の分子量測定に広く用いられている。【徳元 琴代】。…

※「ベックマン温度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベックマン温度計の関連キーワードベックマン(Ernest Otto Beckmann)E.O. ベックマンボンブ熱量計沸点上昇法液体温度計凝固点降下水銀柱

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android