コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニゼロス ベニゼロス Venizélos, Eleuthérios

2件 の用語解説(ベニゼロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニゼロス
ベニゼロス
Venizélos, Eleuthérios

[生]1864.8.23. クレタ,ムリニエス
[没]1936.3.18. パリ
ギリシアの政治家。弁護士からクレタ島の政界に入り,ときに政府を主宰し,ときに野党,自由党の指導者として活躍した。 1909年ギリシアに革命が起きるとアテネに招かれ,王と軍人たちを説得して憲法を改定し,10年首相に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニゼロス
べにぜろす
Eleutherios Venizelos
(1864―1936)

ギリシアの政治家。オスマン・トルコ帝国支配下にあったクレタ島の出身。アテネで法律を学んだのち同島に戻り、反トルコの民衆蜂起(ほうき)(1889、96)に参加、1897年クレタ自治政府の司法長官となる。1910年のギリシア総選挙における改革派の勝利後、請われてギリシア首相に就任、自由主義的な近代化政策を推進し、バルカン戦争(1912、13)では優れた外交手腕を発揮した。第一次世界大戦下、参戦の可否をめぐって国王コンスタンティノス1世Constantinos (在位1913~17、20~22)と対立、15年罷免されたが、翌年テッサロニキに臨時政府を樹立。17年これを承認した英仏は国王を退位に追いやった。20年の選挙でベニゼロス派は大敗、彼は亡命した。24年王制の廃止後政界に復帰、28~32年の首相時代には世界恐慌下のギリシア経済の混乱に対処できなかった。35年王政復活反対の陰謀を追及され、翌年亡命地パリで客死。[馬場恵二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベニゼロスの関連キーワード荒くれたむりむりむりりクレムリン大会宮殿国立クレムリン宮殿スパスカヤ塔大クレムリン宮殿クレムリン・キスクレムリンの枢機卿ツィムリャンスク[湖]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベニゼロスの関連情報