コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベヌエ川 ベヌエがわBenue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベヌエ川
ベヌエがわ
Benue

カメルーン北部からナイジェリア中南部にかけての川。ニジェール川最大の支流。カメルーンのアダマウア山地北麓に源を発し,ほぼ北西流してナイジェリアに入り,のち西南西に転じてロコジャでニジェール川に注ぐ。全長約 1400km。流域はおもにサバナであるが,農耕地も多い。雨季には汽船がカメルーン領内の支流ケビ川との合流点まで航行可能。はしけ状の小舟は年間を通じて航行可能で,河川運輸に利用される。 1832年イギリスの探検家 R.ランダーらがロコジャを訪れてから,ヨーロッパ人の内陸進出路となった。カメルーンではベヌウエ Bénoué川と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベヌエ川
べぬえがわ
Benue River

西アフリカを流れるニジェール川最大の支流。カメルーンのアダマワ高原北部に発して北流し、北カメルーンの中心都市ガルア東方で西に転じ、ナイジェリアとの国境近くで北流してきた支流ファロ川をあわせてさらに西流し、ナイジェリア中部で本流に注ぐ。全長1400キロメートル。半乾燥気候の地域を流れるため、流量の季節変動が激しいが、7~10月の雨期には、ガルワまで遡航(そこう)できる。主流の上流、ラグドに発電用ダムがあり、貯水池は内水面漁業に利用されている。周辺の低地では牧畜が行われるほか、綿花、モロコシ、米などが栽培される。[門村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベヌエ川の関連キーワードスクルの文化的景観ニジェール[川]ベヌエ国立公園マクールディバントゥー族ジュクン族チャド湖イドマ族ティブ族イガラ族ロゴネ川ノク文化ヨラ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android