コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルゴーリツ ベルゴーリツBerggol'ts, Ol'ga Fëdorovna

3件 の用語解説(ベルゴーリツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルゴーリツ
ベルゴーリツ
Berggol'ts, Ol'ga Fëdorovna

[生]1910.5.16. ペテルブルグ
[没]1975.11.13. レニングラード
ソ連の女流詩人。レニングラード大学を卒業後,1934年の処女詩集で詩人としての地位を確立。 37年にトロツキストとの関係を問われて逮捕され,2年間獄中生活をおくった。代表作『レニングラード・ノートLeningradskaya tetrad' (1942) ,『信頼』 Vernost' (54) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルゴーリツ【Ol’ga Fyodorovna Berggol’ts】

1910‐75
ソ連邦の女流詩人。ペテルブルグの医師の娘で,レニングラード大学を卒業した。ジャーナリストとして活動し,青少年向けの短編で出発した。1930年代中期から詩人として認められたが,37年トロツキストとの関係を問われて投獄された。この体験が彼女の詩の独自性の形成に大きな意義をもった。第2次大戦中は包囲下のレニングラードにとどまり,長詩《2月の日記》(1942)などの傑作を発表した。スターリン死後の53年には〈自己表現〉としての抒情詩の復活を論じ,文壇の〈雪どけ〉気運を大きく盛りあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルゴーリツ
べるごーりつ
Ольга Фёдоровна Берггольц Ol'ga Fyodorovna Berggol'ts
(1910―1975)

ロシアの女流詩人。レニングラード大学文学部卒業。1930年ごろから詩と児童文学の分野で創作を始めたが、37年「トロツキスト」として一時投獄された。第二次世界大戦中は包囲下のレニングラード(サンクト・ペテルブルグ)を歌った長詩『二月の日記』(1942)で知られ、『レニングラード交響楽』(1945)のシナリオなども書いた。「雪どけ」後は「自己表白」としての叙情詩復活を論じ、悲劇詩『信頼』(1954)とともに論争をよんだ。その後は自伝風の叙情的散文『昼の星』(1959)を書き継ぐかたわら、悲劇的緊張にあふれた叙情詩の発表を続けた。叙事詩『ペルボロシースク』(1950)はスターリン賞を受けた。[江川 卓]
『角圭子訳『昼の星』(1963・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベルゴーリツの関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone