コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルヘム Berchem, Nicolaes (Claes) Pietersz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルヘム
Berchem, Nicolaes (Claes) Pietersz

[生]1620.10.1. ハールレム
[没]1683.2.18. アムステルダム
オランダの画家。イタリアで学び,イタリアの風景を独特の宗教的な感情をこめて描いた。オランダの後期バロック美術(→バロック美術)の有力な画家の一人で,銅版画も多く残した。主要作品には『冬の城壁』(1647,ハールレム,フランス・ハルス美術館),『巡回音楽師』(1657)などがあり,また多くの動物画が現存する。

ベルヘム
Berchem

ベルギー北部,アントウェルペン州の州都アントウェルペンの南部郊外地区 (コミューン) 。 20世紀初頭にアントウェルペンの郊外に設けられた7つの衛星地区の一つで,アントウェルペン大都市圏を構成する。区域の大部分は,アントウェルペンの旧要塞群列の内側にあるが,第2次世界大戦後要塞が廃止されてからは,田園部の都市化が進んでいる。写真工業,電話機製造,造船が行われる。工場労働者や港湾労働者が多く居住する。人口4万 6368 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベルヘムの関連キーワードデュジャルダン10月1日デ・ホーホホーホ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android