コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルマン ベルマン Bellman, Carl Michael

4件 の用語解説(ベルマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルマン
ベルマン
Bellman, Carl Michael

[生]1740.2.4. ストックホルム
[没]1795.2.11. ストックホルム
スウェーデンの詩人。この国の酒飲み歌の伝統をくむシャンソン風の詩を多く作り,みずからツィターを奏しながら即興の曲をつけて,酒場で歌ったりもした。ウプサラ大学で学んだが1年足らずで退学,しばらく国立銀行に勤めたが,借財をつくり,1763年債権者から逃れて数ヵ月ノルウェーで過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベルマン

スウェーデンの詩人。代表作《フレードマンのしゃれ文》(1790年)と《フレードマンの歌》は当時の遊蕩(ゆうとう)文学の粋とされ,その他抒情歌謡とともに,今日でも愛唱されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベルマン【Carl Michael Bellman】

1740‐95
スウェーデンの詩人。文芸の保護奨励に厚かったグスタブ3世の寵を受け,宮廷秘書の称号,年金を賜った。酒場に入りびたっては酒,恋,人生の哀歓を歌い,また軽妙なパロディをも残した。音楽に合わせて歌うその歌は,1768年ころからの作品を集めた詞華集《フレードマン書簡》(1790)に番号をつけて収録されている。巷の詩人,流しにも似たその詩風は20世紀プロレタリア詩人のそれの源流となっているともいえる。毎年7月26日ストックホルムで〈ベルマン祭〉が華やかに行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベルマン【Carl Michaël Bellman】

1740~1795) スウェーデンの詩人・作曲家。酒や恋の歌、風刺の歌など、庶民的感情の詩と曲を自作自演し、今でも愛好者が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルマンの関連キーワードスウェーデンスウェーデンリレースウェーデン刺繍・スウェーデン刺繡スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーデン放送交響楽団スウェーデン館の謎スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン労働総同盟スウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルマンの関連情報