コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルマン ベルマンBellman, Carl Michael

4件 の用語解説(ベルマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルマン
ベルマン
Bellman, Carl Michael

[生]1740.2.4. ストックホルム
[没]1795.2.11. ストックホルム
スウェーデンの詩人。この国の酒飲み歌の伝統をくむシャンソン風の詩を多く作り,みずからツィターを奏しながら即興の曲をつけて,酒場で歌ったりもした。ウプサラ大学で学んだが1年足らずで退学,しばらく国立銀行に勤めたが,借財をつくり,1763年債権者から逃れて数ヵ月ノルウェーで過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルマン

スウェーデンの詩人。代表作《フレードマンのしゃれ文》(1790年)と《フレードマンの歌》は当時の遊蕩(ゆうとう)文学の粋とされ,その他抒情歌謡とともに,今日でも愛唱されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルマン【Carl Michael Bellman】

1740‐95
スウェーデンの詩人。文芸の保護奨励に厚かったグスタブ3世の寵を受け,宮廷秘書の称号,年金を賜った。酒場に入りびたっては酒,恋,人生の哀歓を歌い,また軽妙なパロディをも残した。音楽に合わせて歌うその歌は,1768年ころからの作品を集めた詞華集《フレードマン書簡》(1790)に番号をつけて収録されている。巷の詩人,流しにも似たその詩風は20世紀プロレタリア詩人のそれの源流となっているともいえる。毎年7月26日ストックホルムで〈ベルマン祭〉が華やかに行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルマンの関連キーワードマリア・テレジア市川団蔵ビジット・ジャパンJR沼津駅周辺の鉄道高架事業中国の自動車市場能登半島地震森蘭斎岡田寒泉キンデルダイク元の字銭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルマンの関連情報