コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルマン Bellman, Carl Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルマン
Bellman, Carl Michael

[生]1740.2.4. ストックホルム
[没]1795.2.11. ストックホルム
スウェーデンの詩人。この国の酒飲みの伝統をくむシャンソン風の詩を多く作り,みずからツィターを奏しながら即興の曲をつけて,酒場で歌ったりもした。ウプサラ大学で学んだが1年足らずで退学,しばらく国立銀行に勤めたが,借財をつくり,1763年債権者から逃れて数ヵ月ノルウェーで過した。帰国後小役人となり,グスタフ3世の知遇も得た。作品は風刺詩,宗教詩,恋歌,パロディーなど多彩。詩集に『フレドマンの書信』 Fredmans epistlar (1790) ,『フレドマンの歌』 Fredmans sånger (91) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルマン

スウェーデンの詩人。代表作《フレードマンのしゃれ文》(1790年)と《フレードマンの歌》は当時の遊蕩(ゆうとう)文学の粋とされ,その他抒情歌謡とともに,今日でも愛唱されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルマン【Carl Michael Bellman】

1740‐95
スウェーデンの詩人。文芸の保護奨励に厚かったグスタブ3世の寵を受け,宮廷秘書の称号,年金を賜った。酒場に入りびたっては酒,恋,人生の哀歓を歌い,また軽妙なパロディをも残した。音楽に合わせて歌うその歌は,1768年ころからの作品を集めた詞華集《フレードマン書簡》(1790)に番号をつけて収録されている。巷の詩人,流しにも似たその詩風は20世紀プロレタリア詩人のそれの源流となっているともいえる。毎年7月26日ストックホルムで〈ベルマン祭〉が華やかに行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベルマン【Carl Michaël Bellman】

1740~1795) スウェーデンの詩人・作曲家。酒や恋の歌、風刺の歌など、庶民的感情の詩と曲を自作自演し、今でも愛好者が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ベルマン

生年月日:1899年11月4日
ロシア生まれのアメリカの画家,舞台美術家
1972年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ベルマンの関連キーワードベルマン(Carl Michael Bellman)カロ(Heinrich Caro)ダイナミック・プログラミングミニチュア・ピンシェル[種]ガイ ブラウンシュタインドーベルマン・ピンシャードーベルマン・ピンシェル爆走! ドーベルマン刑事ミニチュア・ピンシャーY.G. リーベルマンラリン・キュオスティラリン・キュオスティジャック ラクルテルバーブルマンデブ海峡イヴリー ギトリスリーベルマン反応リーベルマン論争ブライス ダナースウェーデン文学モニカ ベルッチ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルマンの関連情報